SPL 狼たちの処刑台 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

暴走する正義の果てに待つ、意外すぎるラスト。ド迫力のアクション映画!!
 
2018年9月1日公開
監督:ウィルソン・イップ
出演:ルイス・クー
トニー・ジャー 他
 
【賛否両論チェック】
賛:愛する家族を守るために孤軍奮闘する主人公達の暴走が、観ていて胸が痛むよう。迫力感満載のアクションも多彩に採り入れられていて、見どころ。
否:展開はかなりのご都合主義で、終わり方も非常にあっさりしている印象。ケレン味溢れるアクションも、好き嫌いは分かれるか。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 

 中国・香港合作映画です。娘を誘拐された刑事が、彼女を救い出すために暴走していきます。主演はルイス・クー。
 
 始まりは香港でした。香港警察の刑事・リー(ルイス・クー)は、15歳になる娘のウィンチーのために、ブレスレットをプレゼントします。しかし年頃の女子であるウィンチーは、あまり喜ぶ素振りを見せません。それどころか、リーに恋人であるヘンリーを紹介してくるのでした。しかも2人は、結婚を前提に付き合っているとのこと。なんとウィンチーは、既に懐妊していたのでした。
 
 それからしばらく経ったある日、ウィンチーの姿はタイ・パタヤにありました。彼女はタトゥー店で働く友人を訪ね、パタヤに来ていましたが、そんな彼女が海辺を1人で歩いていたまさにその時、突如襲撃され連れ去られてしまいます。ウィンチーは押し込まれた車の後部座席で、とっさに携帯電話で助けを呼ぼうとしますが、結局失敗。彼女はどこかに監禁されてしまうのでした。その後、3日経ってもウィンチーの行方は分からず、パタヤ警察が捜索を開始し、リーも香港から飛んできます。捜索を担当するチュイ(ウー・ユエ)は、リーに
「心の問題を抱えていた可能性は?」
と質問。それに対しリーは、
「ないと思う。」
と答えますが、実は彼には思い当たる節がありました。それもそのはず、ウィンチーにヘンリーを紹介された際、リーは席を外して同僚を呼ぶと、ヘンリーを未成年との淫行の疑いで逮捕させてしまったのでした。
 
 時を同じくして、再選を狙う現パタヤ市長の会見を前に、会場では準備が進められていました。ところがその時、秘書のチェン(ラム・カートン)の下に、市長が控え室で倒れたとの知らせが飛び込んできます。持病の心不全が悪化したと察したチェンは、急きょ会見の中止を指示し、会場から人目につかぬよう市長を脱出させるのでした。チェンはすぐに医師のコーに連絡。闇のルートでの臓器移植を指示するのでした。一方その頃、ウィンチーの行方を追うリーとチュイは、彼女の携帯電話の電波が最後に確認された場所を特定し、付近の店の防犯カメラを片っ端から確認していきます。するとやがて、失踪前のウィンチーの後をつける不審な男を発見。すぐに身元を探して男を特定しますが、男はリー達の姿を見るなり逃走を始めます。リーとチュイは街中で大追跡を繰り広げ、遂に男を取り押さえますが、この男は事件とは関係なく、ただの盗撮犯。なんとか怒りを抑えようとするリーでしたが、とうとう警察署のロビーで男に殴りかかってしまうのでした。
 
 依然としてウィンチーの行方は分からないままでしたが、そんな中リーは、
「警察官が連れ去った。」
という証言をする売春婦と出会います。同じ頃、連れ去りの現場が映った車載カメラの映像が警察へと提供されますが、突然警察内部の何者かによって削除されてしまうのでした。それでもIPアドレスから情報提供者の身元を割り出したチュイは、同僚のタク(トニー・ジャー)の車で提供者の下へと向かいます。しかしいざ到着してみると、そこには既に臓器売買組織のサーシャとその手下達の姿が。チュイとタクは激しい戦いを繰り広げますが、その最中、サーシャに屋上から突き落とされそうになった子供を庇ったタクは、そのままサーシャに突き飛ばされ、転落死してしまうのでした・・・。
 
 娘を拉致された激昂型のリーと、身重の妻を持ち、権力に翻弄されるチュイ。2人の孤高な刑事が大切な家族を守ろうと奔走し、やがて暴走していく姿は、観ていてとても痛々しく、切ない雰囲気が漂います。
 
 中国・香港映画特有のケレン味たっぷりのアクションも満載です。あのサモ・ハン・キンポーがアクション監督を務めているだけあって、ド肝を抜く迫力のアクションに圧倒されること請け合いです。
 
 反面、ラストはかなり意外というか、呆気なくて消化不良感が否めません。ストーリー自体も結構強引なので、その辺りも観る側の好みによって評価が分かれそうです。
 
 とはいうものの、作品としての世界観は見事ですので、気になった方は是非観てみて下さい。
 

【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>