ペンギン・ハイウェイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

奇妙だけれど感動的。家族で楽しめる冒険ファンタジー!!

2018年8月17日公開
監督:石田祐康
出演(声):北香那・蒼井優・釘宮理恵 他

【賛否両論チェック】
賛:ファンタジー感満載の世界観にあって、ペンギンの謎を解き明かすべく奮闘するアオヤマ君達の姿に、観ていてドキドキワクワクさせられる。
否:理屈で考えながら観てしまうと、どうしても腑に落ちない部分も多く、感情移入出来ない。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・ジャバウォックのシーンは少しだけ怖いかも


 小説のアニメーション映画化です。しっかり者の少年が、町に突然現れたペンギンの謎を追いかけます。声の主演は、北香那さんと蒼井優さん。

 物語の主人公は、田舎町に住む小学4年生のアオヤマ君(声:北香那)。彼は毎日発見したことをノートに書き留めては、日々研究を続けている努力家で、とてもしっかりしている小学生でした。そんな彼は今、かかりつけの歯医者さんで受付をしているお姉さん(声:蒼井優)に片想い中。ある日の朝、いつものように登校途中だったアオヤマ君は、近所の広場で動いている黒い生き物を見かけます。早速双眼鏡で覗いてみると、なんとそれはどうみても“ペンギン”だったのでした。

 学校でも、生徒達の話題はペンギンで持ちきり。しかしアオヤマ君はというと、親友のウチダ君(声:釘宮理恵)と町の水源を探す「プロジェクト・アマゾン研究」の打ち合わせに余念がありません。そんな2人に、クラスのガキ大将・スズキ君(声:福井美樹)が絡んできますが、恐れおののくウチダ君とは正反対に、アオヤマ君は全く意に介さないのでした。数日後、今度はお姉さんのいる歯医者さんでスズキ君と遭遇したアオヤマ君。すると彼はスズキ君に、歯から感染する嘘の病気の話をするのでした。そのあまりの迫力に、スズキ君は診察室で思わず泣き叫んでしまいます。アオヤマ君としては、ウチダ君を怖がらせた復讐のつもりでしたが、その大人げなさに、思わずお姉さんからたしなめられてしまうのでした。

 その後も休みの日にはプロジェクト・アマゾン研究を続けていた、アオヤマ君とウチダ君。しかしそんなある日のこと、探検中にスズキ君とその子分達に見つかってしまい、2人は追いかけられる羽目に。ウチダ君はなんとか逃げおおせますが、アオヤマ君は捕まってしまい、近くの自動販売機に縛られ、探検の地図も破られた上にオシッコをかけられてしまいます。スズキ君達は意気揚々と引きあげていき、アオヤマ君はたまたま通りかかったお姉さんに助けられますが、彼は前歯の乳歯がグラグラして抜けそうになっていました。そこでお姉さんは、歯を抜くために糸を括りつけますが、引っ張ろうとする度に腹を括れないアオヤマ君がくっついてきてしまい、一向に抜くことが出来ません。そこでお姉さんは、アオヤマ君の気を逸らすために一計を案じ、自動発券機で買ったコーラの缶を思いっきり放り投げます。すると次の瞬間、宙を舞った缶がペンギンへと変わっていくのでした・・・。

 生真面目でしっかり者の少年・アオヤマ君が挑む、「町に現れたペンギン」の謎。それがやがて、彼が好意を寄せるお姉さんをも巻き込んだ大騒動に発展していく様は、さながらファンタジー感溢れるミステリーといったところで、観ていてワクワクさせられます。

 そしてそんなアオヤマ君を通して描かれるのは、小学生達ならではの心の成長です。大人は持ち合わせていないような柔軟な発想と行動力で、ペンギンや「海」の秘密を仲間達と解き明かしていく姿は、どこか頼もしくとってもステキです。西島秀俊さん演じるお父さんの言葉が、さりげないヒントになっているのもイイですね。

 世界観は良くも悪くも結構ヘンテコなので、好き嫌いは割とハッキリ分かれると思いますが、家族サービスにももってこいの作品ですので、是非チェックしてみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>