タリーと私の秘密の時間 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

タイトルの真意に納得。心癒される1人の母の物語。

2018年8月17日公開
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン
マッケンジー・デイビス 他

【賛否両論チェック】
賛:子育てに疲れたマーロと、そんな彼女の支えとなるタリーとの、不思議でありつつも温かい関係性に、観ていて心が救われるよう。意外性のあるラストも魅力的。
否:冷静に考えると、ストーリーのツッコみどころは多く、好き嫌いは分かれそう。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・汚物のシーンがあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 3人の子供の世話に疲れ切ったヒロインと、不思議なナイトシッターの女性との心の交流を描きます。主演はシャーリーズ・セロン。

 物語の主人公は、身重の母・マーロ(シャーリーズ・セロン)。彼女は、まだ幼い娘のサラ(リア・フランクランド)と息子のジョナ(アッシャー・マイルズ・フォーリカ)の世話に追われていました。しかしジョナは情緒不安定で落ち着きがなく、その日もマーロは学校から呼び出され、学長から
「ジョナをサポートする人間を雇ってほしい。」
と言われてしまいます。あいにく仕事で忙しい夫のドリュー(ロン・リヴィングストン)とはすれ違う日々が続いており、マーロはそんな子育てを1人で抱え込んでしまっているのでした。ある日のこと、マーロは気休めに寄ったカフェで、昔一緒に住んでいた馴染みの女性・ヴァイと出逢います。ヴァイはマーロの変化に驚きますが、マーロは逆に全く変わっていないヴァイの様子に、どこか憧れを抱くのでした。

 数日後、ドリューとマーロは子供達を連れ、マーロの兄・クレイグ(マーク・デュプラス)夫妻の自宅を訪れます。事業に成功し、傍から見ても裕福な暮らしをしているクレイグ達。そんなクレイグはマーロに対し、出産祝いと
「ナイトシッターを雇う。」
と申し出てくれます。しかしマーロは
「知らない人に子供を預けるなんて。」
と、この申し出を固辞。それでもクレイグは、ナイトシッターの連絡先を彼女に渡すのでした。

 その後マーロは、無事に出産を迎えます。生まれたのは、女の子のミア。しかしそこからマーロの忙しさは、ピークを迎えてしまいます。昼間はミアを抱えたまま、サラとジョナの世話に奔走し、夜はミアにミルクをあげるために、定期的に起きなくてはなりません。そんな毎日を繰り返すうちに、マーロは肉体的にも精神的にもどんどん追いつめられてしまいます。そしてある日、マーロはジョナの学校の校長から、
「ジョナは当校では面倒を見切れないので、別の学校へ行ってもらう。」
と言われてしまい、とうとうブチギレてしまうのでした。

 自身でも今の生活に限界を感じてしまったマーロは、クレイグが手配してくれたナイトシッターに、ようやく連絡を入れます。やって来たのは、見るからに今風の女子・タリー(マッケンジー・デイヴィス)。しかし彼女はその見た目とは裏腹に、シッターとしての仕事は完璧にこなしていきます。そして始めは戸惑いを隠せなかったマーロも、やがて彼女に少しずつ心を開くようになっていくのでした・・・。

 子育てに追われ、女性としての生き甲斐や人生の謳歌も出来ず、精神的に不安定だったヒロイン・マーロ。そこへ追い打ちをかけるように、夫の非協力やジョナの問題、三児・ミアの出産と続き、本来慈しむべき家族に愛を注ぎきれなくなってしまった彼女が出逢った、イマドキ女子のナイトシッター・タリー。そんな2人のちょっと不思議な関係性が、マーロの荒んだ心を癒していく様が、温かく描かれていくのが印象的です。

 ただ、そうしたヒューマンドラマで終わらないのが、この作品のステキなところ。詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、最後に迎える結末には、ちょっぴり切なさも残ります。でも意外性はかなりあって、ステキでした。

 子育てにお疲れ気味のお母さんは勿論、今を頑張る全ての人にオススメの作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※マッケンジー・デイビス・・・本作では、マーロを救うナイトシッターのタリー役。最近の映画では、人間・ヴァンパイア・ゾンビが共生する町を描いた「フリークス・シティ」や、続編として製作された「ブレードランナー2049」、火星に取り残された男をマット・デイモンが演じた「オデッセイ」等にも出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>