ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

驚愕のラスト。得も言われぬ極上の恐怖体験!!

2018年7月21日公開
監督:ジェレミー・ダイソン
アンディ・ナイマン
出演:マーティン・フリーマン
アンディ・ナイマン 他

【賛否両論チェック】
賛:バラバラだった3つの心霊現象が、やがて繋がりを見せていく様は、ハラハラさせる中にも痛快さを感じさせる。ラストも1本取られたようで秀逸。
否:急に驚かせる演出が多いので、苦手な人には全く向かない。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがかなりあり


 数々の超常現象の嘘を暴いてきた教授が、3つの現象の謎に挑みます。

 物語の主人公は、心理学者のフィリップ・グッドマン(アンディ・ナイマン)教授。彼は「降霊術師の嘘を見破る」という番組を製作しており、これまで数々の超常現象のトリックを暴露してきました。そんなグッドマンは今回も、降霊術師として人気になっているマーク・ヴァン・リスに、ドキュメンタリー番組と偽って近づきます。マークの降霊術は、会場に集まった観客の中から対象者を選び、その人が最も会いたい人の霊と交信することが出来るというものでしたが、実は観客は事前に会いたい人の詳細をアンケートで聞かれており、本番ではその内容を助手がマークにイヤホンで伝えているだけでした。グッドマンはそうした実態を把握し、降霊術の本番中にステージに乱入すると、その事実を暴露するのでした。

 ある日のこと、そんなグッドマンの下に1通の封筒が届けられます。中身は、彼がこの道に進むきっかけとなった憧れの心理学者・キャメロン博士の写真と、彼からのメッセージが入ったカセットテープ。当のキャメロンは3ヶ月前から失踪していましたが、写真にはその日の朝刊が写っており、キャメロンがまだ存命であることをうかがわせていました。早速キャメロンに会いに行くグッドマン。するとキャメロンは、何かに怯えるようにトレーラーの中でひっそりと暮らしてるのでした。キャメロンはグッドマンに、自分では解き明かせなかった3つの怪奇現象の解明を依頼します。グッドマンは、以前とは打って変わって超常現象を信じ切ってしまっているキャメロンの様子に違和感を覚えながらも、その調査を請け負うのでした。

 グッドマンが聞き取り調査をしたのは、精神病棟だったという廃墟を夜間警備していた警備員と、森の“何か”に怯える少年、そして妻が高齢出産を控えた資産家のマイク・プリドル(マーティン・フリーマン)の3人。しかしそんなグッドマンを待ち受けていたのは、身の毛もよだつような怪奇現象の数々でした・・・。

 超象現象否定派の教授が調査する、3つの怪事件。そのどれもが心底恐怖を掻き立てる内容で、ハラハラさせられます。

 そして圧巻はそのラスト。不気味に散らばっていた不可解な全てのピースが符合し、驚愕のラストへと繋がっていく様は、まさに秀逸です。あまり言うとネタバレになってしまうので、詳しくは実際に観てみていただきたいです(笑)。

 ホラー映画特有の、急に驚かせるような描写は勿論沢山あるので、苦手な人は観られないとは思いますが、上質な恐怖体験を是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>