マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

世代を越えて楽しめる。心踊るステキなミュージカル!!

2018年8月24日公開
監督:オル・パーカー
出演:アマンダ・セイフライド
ピアース・ブロスナン 他

【賛否両論チェック】
賛:ドナやソフィの波瀾万丈の人生を上手く交錯させながら、2人を取り巻く様々な人々の愛を描いていく様が印象深い。豪華なキャストや、作品を彩るABBAの名曲の数々も楽しい。
否:ミュージカルそのものへの好き嫌いで、好みは大きく分かれそう。前作の知識もあった方がイイ。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・嵐のシーンは少しだけ怖いかも


 あの「マンマ・ミーア!」の続編です。亡き母の想いを受け継ごうとする娘と、母の若かりし日のエピソードが描かれます。主演はアマンダ・セイフライド。 

 物語の舞台となるのは、ギリシャのカロカイリ島。新装開店を間近に控えた「ホテル・ベラ・ドナ」で、オーナーのソフィ(アマンダ・セイフライド)は記念パーティーの招待状の発送に追われていました。お世話になった様々な人に招待状を送ろうとしていたソフィでしたが、世界中を飛び回って忙しい祖母・ルビー(シェール)には、招待状を送るかどうか迷います。そして最終的にルビーに送るのは止め、他の人々だけに招待状を発送するのでした。そんなソフィの夫・スカイ(ドミニク・クーパー)は、ニューヨークでホテル経営の勉強中。さらに仕事のオファーも入り、2人は長らく電話でしか会話が出来ずにいました。実のところ、スカイはソフィを呼び寄せてニューヨークで暮らしたがっていましたが、ソフィは今は亡き母・ドナ(メリル・ストリープ)の「カロカイリの小屋をホテルにする」という夢を受け継ぎたいと願っていたため、2人の想いはすれ違うばかりで、関係はギクシャクしてしまっているのでした。

 時代は遡り、1979年。大学の卒業式を迎えていたドナ(リリー・ジェームズ)は、卒業生代表の挨拶で突然歌い出します。すると彼女の悪友であるターニャ(ジェシカ・キーナン・ウィン)とロージー(アレクサ・デイビーズ)も加わり、3人で組んだグループ「ダイナモス」は、歌とダンスで学生達を魅了するのでした。しかしその後、ドナは2人に別れを告げ、気ままな一人旅へと出発します。最初に向かったパリで、ドナはハリー(ヒュー・スキナー)と出逢い、短いロマンスを経験。そして彼女は一路、ギリシャのカロカイリ島を目指しますが、定期船に乗り遅れてしまいます。するとそこでドナは、自分のヨットを持っていたビル(ジョシュ・ディラン)と出逢い、島まで送ってもらうことに。その旅路で、今度はビルと恋に落ちるのでした。こうして到着したカロカイリ島で、ドナは丘の上に建つ小屋が気に入りますが、小屋は何年も人が使っていないようで、廃墟と化していました。おまけに突然の嵐にも遭ってしまい、馬小屋にいた馬が驚いて暴れ、馬はケガをしてしまいます。ドナは慌てて町へと駆け出し、通りかかった建築家のサム(ジェレミー・アーバイン)と出逢うのでした。

 一方現在では、ダイナモスのターニャ(クリスティーン・バランスキー)とロージー(ジュリー・ウォルターズ)も到着し、パーティーの準備に余念がないソフィでしたが、こちらも折からやって来た嵐に襲われ、パーティー会場がやられてしまいます。落胆を隠せないソフィでしたが、そんなソフィを優しく励ましてくれたのは、彼女の“3人の父親”のうちの1人・サム(ピアース・ブロスナン)でした・・・。

 特に前作の人間関係なんかを詳しく説明してくれる訳ではないので、やはり予備知識はあった方がよさそうです。

 かつて母親・ルビーの下を飛び出し、自由奔放な恋を繰り返しながらカロカイリ島へと辿り着いた、若き日のドナ。そんな彼女が、周りの人間達を巻き込んで本当の愛に気づいていく様を、リリー・ジェームズが非常に爽やかに演じているのが印象的です。

 そして現在では、そんな亡きドナの想いを受け継ぎながらも、島を出ることを望む夫との関係に悩むソフィ。そんな彼女を包み込む、かつてドナを支えた人々の愛情もまた、心が温まるようです。

 それから何といっても、豪華なキャストの面々や、本作を彩るABBAの名曲の数々も、見逃せないポイントの1つです。誰もが1度は聞いたことがある音楽の共演に、なんだかウキウキしてくるようです。

 ご都合主義的な展開はさておき、ミュージカルとしては上質な作品といえそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※ドミニク・クーパー・・・本作では、ソフィの夫・スカイ役。最近の映画では「ドラキュラZERO」や「ニード・フォー・スピード」での敵役や、人気ゲームを映画化した「ウォークラフト」での国王役、そしてサダム・フセインの息子・ウダイの影武者を描いた「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」での主演等が有名なところです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>