検察側の罪人 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

豪華共演。それぞれの正義の果てに待つ、印象的なラスト。
 
2018年8月24日公開
監督:原田眞人
出演:木村拓哉・二宮和也・吉高由里子 他
 
【賛否両論チェック】
賛:キムタクとニノが魅せる、2人の検事が持つ各々の正義の交錯と葛藤が見どころ。
否:内容的には結構難しく、終わり方もやや呆気ない印象を受ける。
 
ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・ほんの少しだけあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 

 小説の映画化です。殺人事件を巡って対立する、2人の検事の姿を描きます。主演は木村拓哉さんと二宮和也さん。
 
 検察庁で行われていた、新任検事研修。最終日、研修担当検事の最上毅(木村拓哉)は、沖野啓一郎(二宮和也)達新人検事に、かつて様々な検事が関わったとされる汚職事件の記録映像を見せます。そして最上は、
「自分の正義に固執した検事は、やがて犯罪者に落ちる。」
と熱弁するのでした。
 
 それから4年後、沖野の姿は東京地検刑事部にありました。今回新たに、最上の補佐をすることになった沖野。最上は現在“本部係”といって、警察の捜査本部との連携や指示を行う立場にありました。新しく検察事務官として赴任してきた橘沙穂(吉高由里子)も加わり、沖野は早速最上の指示で、裏社会のブローカー・諏訪部(松重豊)の参考人聴取を行うことになるのでした。しかしあの手この手で目撃証言を引き出そうとする沖野に対し、諏訪部はのらりくらりとかわすばかりで、有力な証言は得られません。結局沖野は、この事件からは外されてしまうのでした。同じ頃世間では、代議士の丹野和樹(平岳大)の汚職疑惑が取り沙汰されており、幼い頃より旧知の仲であった最上は、裏で密かに検察の動きをリークしていました。
 
 そんな中、都内で事件が起こります。工場を営む資産家の老夫婦が、自宅で惨殺されて発見されたのでした。被害者からは多数の人間が金を借りていたことから、警察はその中に容疑者がいると睨み、捜査を始めます。すると最上は、絞り込まれた容疑者の中のとある名前に、思わず顔色を変えます。その名前は「松倉重生」。松倉は23年前に、女子高生が乱暴されて殺害された事件の重要参考人でしたが、証拠不十分で逮捕は出来ず、事件は既に時効を迎えてしまっていました。そしてその被害者の少女は、かつて最上が同じ「北豊寮」で共に過ごした旧友だったのでした。最上は何としてでも松倉を罰するべく、捜査を展開。一方沖野と橘は、松倉ありきで進むその方向性に、次第に違和感を募らせていくのでしたが・・・。
 
 木村拓哉さんと二宮和也さんという、なんとも豪華なキャストが話題の本作。片や、自身の旧友が殺害された事件の最有力容疑者が捜査線上に浮かび、次第に己の正義に囚われていく最上。そして片や、そんな最上に師事しながらも、次第にその正義に違和感を抱き、やがて袂を別っていく沖野。キムタクとニノが好演する2人の持つ、それぞれの正義の邂逅とその行く末に、思わずうならされます。
 
 ただ、サスペンスとしては少し物足りないというか、展開がかなりの予定調和感が否めません。終わり方もかなりあっさりとしていて、呆気ない印象を受けてしまいます。ただその分、ラストの余韻はたっぷりで、観る側に考えさせる内容でもあります。
 
 難しいストーリーでもありますが、興味を惹かれた方は是非ご覧になってみて下さい。
 

【ワンチャン・ポイント】
※ラ・チッタデッラ・・・本作の“とある”重要なシーンのロケ地として使われています。他にもドラマや映画の撮影でよく使われている所で、最近の映画では長谷川博己さん主演の「ラブ&ピース」や、木村拓哉さん主演の「HERO」でも登場しています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>