ウインド・リバー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

恐ろしく痛ましい。孤立無援の捜査の果てに。

2018年7月27日公開
監督:テイラー・シェリダン
出演:ジェレミー・レナー
エリザベス・オルセン 他

【賛否両論チェック】
賛:閉ざされたコミュニティで起きた痛ましい事件の真相に、人間の持つ本能的な恐ろしさや、死に直面してもなお生きようとする生命力を、改めて痛感させられる。
否:真実はやや予定調和なほか、グロシーンも結構ある。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 先住民族の保留区で起きた少女の怪死事件と、地元のハンターと共に事件を追うFBI捜査官を描いた作品です。主演はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン。

 物語の舞台は、雪深いワイオミング州ランダー。その日、野生生物局のハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、妻・ウィルマ(ジュリア・ジョーンズ)の家を訪れていました。都会のホテルの面接に向かうという彼女に代わり、コリーは息子のケイシー(テオ・ブリオネス)を連れて、ネイティブアメリカンである妻の実家があるウインドリバー保留区へと向かいます。実は保留区のベン部族警察長(グレアム・グリーン)から連絡があり、家畜を殺したピューマを狩るために、コリーが呼ばれていたのでした。

 ところが、いざケイシーを実家に預け、スノーモービルで雪山を捜索したコリーは、雪原に血のついた人間の足跡を発見。その先には、見覚えのある若い女性の遺体が転がっていたのでした。女性の身元は、ネイティブ・アメリカンのナタリー(ケルシー・アスビル)。彼女は、3年前に亡くなったコリーの娘・エミリーの親友でもありました。早速FBIが呼ばれますが、やって来たのは雪山の装備もままならない新人捜査官、ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)でした。

 検死の結果、ナタリーの遺体には何度も乱暴をされた痕跡がありましたが、直接の死因は寒さで肺が破裂し、その出血による窒息死。彼女は極寒の雪山の中を、裸足で10キロも走り、とうとう息絶えてしまったのでした。しかし“窒息死”という結果に、ジェーンは憤りを隠せません。それもそのはず、死因が他殺となれば、FBI科捜研でDNA鑑定をして犯人を突き止めることが出来ますが、他殺でないとなるとインディアン管理局の管轄となり、6人しかいない捜査官で広大な土地を調べるのは、事実上不可能になってしまうのでした。やむなくジェーンはコリーの協力の下、2人だけでナタリーが死んだ真相を追うのでしたが・・・。

 雪山で痛ましい死を遂げた、1人の少女。その謎を追う捜査官と、自らも娘を失ったハンターの前に立ちはだかるのは、先住民族の保留区という特殊な環境です。大自然に阻まれた孤立無援の中で、それでも事件解決のために奔走する2人の姿が印象的です。

 そしてそんな閉鎖的なコミュニティにあって、人々の胸のうちも複雑なものであるということも、改めて突きつけられるようです。やがて辿り着いた真実は、ありきたりなようでも非常に恐ろしさをも感じさせます。

 グロシーンも多いので、苦手な人には向きませんが、サスペンスが好きな方にはオススメの作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン・・・本作ではハンターとFBI捜査官役ですが、このお2人の組み合わせといえば、何といっても「アベンジャーズ」シリーズ。ジェレミー・レナーは最強の射手“ホークアイ”ことクリント・バートン役、エリザベス・オルセンは“スカーレット・ウィッチ”ことワンダ・マキシモフ役で出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>