未来のミライ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

不思議な冒険で描かれる、温かい家族の物語。
 
2018年7月20日公開
監督:細田守
出演(声):上白石萌歌・黒木華・星野源・麻生久美子 他
 
【賛否両論チェック】
賛:不思議な冒険を通して成長していくくんちゃんや、子育てを通して本当の親になっていく両親の姿が、微笑ましくて温かい。過去や未来が巧みに交差して紡がれていくストーリーもステキ。
否:展開はかなりファンタジー要素が強く、理屈で理解は出来ないので、その辺りの好き嫌いは分かれそう。小さい子が怖がりそうな場面も少しだけある。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・あり(笑)
怖シーン・・・駅のシーンは結構怖いかも
 

 細田守監督最新作のアニメーションです。甘えん坊の4歳の少年が、未来からやって来た妹と共に大冒険を繰り広げるファンタジーです。主演の声は上白石萌歌さん。
 
 物語の主人公は、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)。その日彼は、建築家のおとうさん(声:星野源)が建てた、樫の木がある中庭が印象的な家で、ばあば(声:宮崎美子)と2人、おかあさん(声:麻生久美子)の帰りを首を長くして待っていました。しかし電車が大好きなくんちゃんは、電車のおもちゃを散らかしてばかりで、ばあばは頭を抱えてしまいます。そこへようやく、病院からおかあさんとおとうさんが帰宅。おかあさんの腕には、くんちゃんの妹になる赤ちゃんが抱かれているのでした。
 
 ほどなくして赤ちゃんは「未来ちゃん」と名付けられ、おとうさんとおかあさんは彼女の世話に大忙しになりますが、面白くないのはくんちゃんです。今まで2人の愛情を一身に受けていたのに、途端にほったらかしにされてしまい、かまってもらおうとすると、おかあさんに怒られる始末。ある日くんちゃんが、未来ちゃんをあやそうと顔をつまんで遊んでいると、とうとう未来ちゃんが泣き出してしまいます。駆けつけたおかあさんに怒鳴られ、我慢の限界に達してしまったくんちゃんは、ついついオモチャで未来ちゃんを叩こうとしてしまい、おかあさんは大激怒。くんちゃんは泣く泣く中庭へと飛び出していくのでした。
 
 すると次の瞬間、中庭の様子が一変。古城の中庭へと変わったかと思うと、奥にいた謎の男(声:吉原光夫)が、
「無様ですなぁ!」
と声をかけてくるのでした。男は自らを「この家の王子様」と名乗りますが、くんちゃんは男の話の内容や、オモチャを投げると取ってくる様子等から、彼の正体が家で飼っている犬・ユッコであることに気がつきます。ユッコもまた、かつておとうさんとおかあさんの愛情を独占していましたが、くんちゃんの誕生をきっかけに、その愛を独り占め出来なくなった淋しさを感じていたのでした。ところが、そんな淋しさは理解出来ないくんちゃんは、ユッコの尻尾を奪うと、自分のお尻に着け、犬になって家中を駆け回ります。その後もくんちゃんが中庭に出る度に、彼の周りでは不思議なことが起こり、ついには未来からやって来た高校生の未来ちゃん(声:黒木華)にも出逢うことになるのでしたが・・・。
 
 両親の愛情を妹に取られ、閉口するばかりだった甘えん坊のくんちゃんが、数々の不思議な冒険を通して、次第にたくましくなっていく様が微笑ましいです。そして冒険のことは知らずとも、そんなくんちゃんの成長ぶりに目を細めつつ、自分達も子育てに悪戦苦闘しながら、少しずつ親として成長していく両親の姿も、また感慨深いものがあります。
 
 また、このお話の中でもう1つ印象的なのは、過去や未来を繋ぐ「家族」の物語であるということです。くんちゃんが冒険の中で出逢う、自分が生まれる前の家族達や、未来の妹。彼らの存在や言動を通して教えられる「小さな出来事の積み重ねで未来が作られていく」という様子も、また心に残ります。
 
 ファンタジーなので理屈で観るのではなく、家族で色々な感情を共有しながら観たい、そんな作品といえそうです。
 

【ワンチャン・ポイント】
※上白石萌歌さん・・・本作では、主人公のくんちゃんの声をご担当。上白石萌音さんの妹さんで、最近の映画では、ボーカロイドの楽曲を映画化した「脳漿炸裂ガール」や、内村光良さん監督作品の「金メダル男」、橋本環奈さん主演の「ハルチカ」等にも出演されているほか、「羊と鋼の森」では上白石萌音さんと姉妹役で共演もしていらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>