猫は抱くもの | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

癒し系ではありません(笑)。芸術的感性が光る、異色の動物映画。

 

2018年6月23日公開
監督:犬童一心
出演:沢尻エリカ・吉沢亮 他 

 

【賛否両論チェック】
賛:不思議な雰囲気の世界観の中で、人間や猫達が織り成す人間(猫?)模様を通して、「自分」というものへの尽きない問いかけを体現していく様が、非常に芸術的。
否:猫の擬人化や舞台セット、シュールな展開等、演出の好みはかなり分かれそう。猫目的に観るのはオススメ出来ない。

 

ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし

 

 

 犬童一心監督最新作です。スーパーで働く元アイドルのヒロインと、自分を人間だと思い込む1匹の猫の姿を描く人間ドラマです。主演は沢尻エリカさん。

 物語の舞台は、山あいの小さな田舎町・日山町。誰がつけたか「ねこすて橋」と呼ばれる小さな橋のたもとには、今日も沢山の猫達が集まっていました(擬人化)。めいめいが思い思いに過ごす中、キイロ(コムアイ)はふと、“ゴッホ”や“良男”とった、変わった名前の人間や猫との思い出にふけるのでした。

 そんな日山町のスーパーマーケット「CHII SANA SUPER」で働く主人公・大石沙織(沢尻エリカ)。かつてはアイドルユニット「サニーズ」のメンバーとして、一躍人気を博した彼女でしたが、解散後は夢に破れ、今は誰も知り合いのいないこの町で、ひっそりと暮らしていました。そんな沙織の唯一の話し相手は、スーパーの倉庫でこっそり飼っている1匹の猫。「良男」と名付けられたその猫は、自分を人間だと信じて疑わない、ちょっと変わった猫なのでした(吉沢亮)。ある日のこと、沙織はレジ打ちの成績の良さで表彰され、本部からやって来た高橋(柿澤勇人)と出逢います。その人の良さそうな高橋に、沙織はすぐに惹かれていくのでした。

 それからしばらく経ったある日、今度は店の店長(岩松了)が万引きをした女子高生を捕まえます。ところが女子高生は全く悪びれた様子もなく、監視を任された沙織は面食らってしまいます。その後、女子高生が「ゴッホ」と呼ぶ叔父の後藤保(峯田和伸)が迎えに来ますが、女子高生から「母親から預かった」というお金を渡されるなど、ゴッホ自身良いところがありませんでした。妄想癖のある沙織は、倉庫で良男に話しかけながら、ゴッホの正体を妄想。裾に黄色い絵の具が付いていたことから、彼を画家と予想し、黄色い壁の山小屋で、「キイロ」と名付けた猫を飼っていると想像します。ところがその後、深い仲となった高橋と出かけたハイキングで、沙織は黄色い壁の山小屋でキイロを飼っているゴッホを、実際に見かけることになるのでした・・・。

 最初にまず好みが分かれるのは、何といってもその独特すぎる世界観です。屋内のシーンはほぼ舞台セットの中で描かれるほか、猫もほぼ擬人化されて役者さんが演じていらっしゃいます。なので、
「カワイイ猫の姿を観て癒されたい!!」
なんて思っている人が観てしまうと、相当期待外れに感じてしまうかも知れません(笑)。大体の役者さんが2役以上こなしていらっしゃるのも、なんだか舞台劇っぽいですね。

 そんな不思議な世界観の中で描かれていくのは、夢に破れたヒロインと、自分を人間だと思い込む猫が出逢っていく、これまた不思議な人々・猫達との人間(猫?)ドラマです。
「本当の自分ってなんだろう・・・?」
誰しもが悩むそんな問いに、芸術の観点からそっと光を照らしてくれるような物語に仕上がっています。

 ラストも結構芸術的すぎて割とブッ飛んでいる感じなので、好き嫌いは極端に分かれそうなところですが、とっても異色な動物映画ですので、気になった方は是非。


【ワンチャン・ポイント】
※柿澤勇人さん・・・本作では、沙織が恋をする高橋役と、大物プロデューサーのササキ役でご出演。最近の映画では、「BAD BOYS J 最後に守るもの」での最強の敵役や、「クローズEXPLODE」での頭脳派ヤンキー役、遠藤憲一さんと松井玲奈さん主演の「gift」での借金取り役や、福田雄一監督作品の「明烏(あけがらす)」でのナンバー1ホスト役等々、随所で怪演を見せていらっしゃいます。


 オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>