羊と鋼の森 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

職人として生きていく難しさ。類を問わない玄人好みの文学的映画。
 
2018年6月8日公開
監督:橋本光二郎
出演:山崎賢人・鈴木亮平・上白石萌音・上白石萌歌 他
 
【賛否両論チェック】
賛:調律師として歩み始めた主人公が、日々葛藤しながらも成長を遂げていく姿が清々しい。音楽と自然との見事な調和も印象深い。
否:文学的な描写で淡々と進んでいくイメージなので、どうしても好き嫌いは分かれそう。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 小説の実写映画化です。一人前の調律師を目指す青年の成長を描きます。主演は山崎賢人さん。
 
 始まりは、主人公・外村直樹(山崎賢人)がまだ高校生の時のことでした。当時、北海道の山奥の実家で暮らしていた彼は、やりたいことも見つからずに日々を過ごしていました。そんなある日、担任から
「来客を案内してほしい。」
と頼まれた外村。やって来たのは、体育館のピアノを調律しに来た調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)でした。案内を終えて戻ろうとした外村は、板鳥が始めた調律の音に、ふと足を止めます。その時彼の頭の中には、深い森の情景が浮かび上がっていたのでした。
 
 こうして「調律」に魅せられた外村は、その後東京の専門学校を卒業し、再び地元の北海道へ。板鳥のいる小さな楽器店「江藤楽器」に就職した彼は、調律師としての第一歩を踏み出すのでした。先輩の調律師・柳伸二(鈴木亮平)に同行して得意先を回るうち、外村は佐倉和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)の姉妹と出逢います。2人共ピアノを弾く佐倉家でしたが、天真爛漫で明け透けな由仁に対し、姉の和音は控えめな様子。そんな和音のことを由仁も分かっており、調律もそれとなく和音に合わせてリクエストしてあげるのでした。
 
 ところがある日、事件が起こります。柳の道具を店に返すため、1人車を走らせていた外村は、偶然彼を見つけた由仁に呼び止められます。
「ピアノが大変なんです!!」
と家へと連れてこられた外村。それ自体はすぐに解決するトラブルでしたが、問題はそこから。2人に頼まれついつい調律を請け負った外村は、調律しようとすればするほど分からなくなるという、森の迷路へと迷い込んでしまうのでした・・・。
 
 調律師の方に限らず、「プロ」「職人」と呼ばれる方々は、皆さん外村のような苦悩や葛藤を乗り越えていらっしゃるのでしょうか。調律師という夢を叶えながらも、幾度となく壁にぶち当たり、その度に悩みに悩んで少しずつ成長していく外村の姿は、まさに1つの技を極めていく者の宿命のようです。「調律」という特殊な世界にあって、弾く人それぞれの想いを汲み取る難しさにも、考えさせられます。
 
 そして勿論、作品全体を彩る北海道の大自然と、ピアノが奏でる珠玉の音色の数々も魅力の1つです。外村の迷い続ける心情を、うっそうと生い茂る森の情景で描いていくのが、見事な演出でした。タイトルの「羊と鋼の森」も、ピアノの特色を的確に言い当てていて、ステキな表現ですね。
 
 かなり文学的な要素が強いので、好みは分かれそうですが、自分の生き方に少し悩んでいる人なんかには、是非観ていただきたい作品です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※上白石萌歌さん・・・本作では、お姉さんの上白石萌音さんと共に、佐倉姉妹役でご出演。最近の映画では、ボーカロイドの楽曲を映画化した「脳漿炸裂ガール」や、内村光良さん監督作品の「金メダル男」、橋本環奈さん主演の「ハルチカ」等にも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>