恋は雨上がりのように | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

眩しすぎるほど真っ直ぐで純粋。共感必至の青春ムービー!!

 

2018年5月25日公開
監督:永井聡
出演:小松菜奈・大泉洋・清野菜名 他

 

【賛否両論チェック】
賛:ヒロインの純粋すぎる恋心や、次第に忘れていた夢を取り戻していく店長の姿が、微笑ましくも非常に爽やかに描かれていく。描写も世界観も含め、デートムービーに最適。
否:ストーリーがどうしても予定調和なのは致し方ないところか。特に大事件が起きるわけでもないので、やや淡々としている感もある。

 

ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし

 

 

 コミックの実写映画化です。夢に挫折したヒロインが、バイト先の店長に片想いをする人間ドラマです。主演は小松菜奈さんと大泉洋さん。

 

 ヒロインはファミレス「ガーデン」でアルバイトをしている高校生・橘あきら(小松菜奈)。しかし愛想は全くなく、客の間でも思わず
「今、睨んでた?」
と話題になってしまうほどでした。そんな彼女の同僚はというと、おしゃべりな西田ユイ(松本穂香)やベテランの久保佳代子(濱田マリ)、キッチンにはあきらの同級生で彼女に片想いをしている吉澤タカシ(葉山奨之)や、遊び人の加瀬亮介(磯村勇斗)に口うるさい大塚(篠原篤)と、まさにくせ者揃い。しかしその中にあってもひと際地味で、クレーム対応も淡々とこなす、うだつが上がらない店長・近藤正己(大泉洋)の姿もありました。その日の休憩中、あきらは事務所にいた近藤に、学校以外はほとんどフリーのシフトを提出します。
「こんなにバイト入れちゃって大丈夫?」
と心配する近藤でしたが、そんな彼をあきらは真顔で睨み続けており、近藤は面食らってしまうのでした。するとあきらは、
「店長、メッセとかってやってますか?」
と切り出しますが、あいにく近藤からの返事は、
「メッセって・・・何?」
というもので、あきらは聞くのを諦めてしまいます。実はあきらの一連の真顔は、好意が不器用に表れてしまっただけで、彼女は近藤に対して、淡い恋心を抱いているのでした。

 

 数日後のある日のこと、今帰ったばかりの客が置いていったスマートフォンを、久保が発見。慌てて追いかけようとする近藤でしたが、丁度客は自転車で走り出してしまったところで、近藤は早々に諦めようとします。すると突然あきらがスマートフォンを掴むと、猛然と走り出し、遂には信号待ちをしていた客に追いついてしまうのでした。実は彼女は陸上部で、しかも高校生の女子100メートルの記録保持者。ところが店へと戻ってきたあきらは、足を痛めて倒れ込んでしまいます。それもそのはず、彼女は先日練習中にアキレス腱を断裂し、まだ完治していなかったのでした。心配性の近藤は、慌ててあきらを病院へと連れていきます。

 

 幸い大事には至りませんでしたが、あきらはしばらく学校とアルバイトを休むことに。すると翌日、近藤がお見舞いと謝罪を兼ねてやって来ます。母のともよ(吉田羊)が出かけていたため、あきらは近藤と近くのファミレスへ。そこで近藤は、ドリンクバーからあきらへブラックコーヒーを持ってきてくれますが、
「あ、もしかしてブラック苦手だった?ちょっと待ってね。」
と、手のひらからミルクシロップを出す手品を披露します。すると近藤は、
「あれ、これデジャブだな・・・」
と、何かを思い出すのでした。実はこの手品は、2人が最初に出逢った時に、近藤が披露してくれたもの。ケガで落ち込み、病院帰りに「ガーデン」で雨が止むのを待っていたあきらに、近藤がこの手品を披露して、励ましてくれたのでした。そのことを思い出したあきらは、思い切って
「私・・・店長のこと好きです!!」
と告白してしまうのでしたが・・・。

 

 一言でいうなら、「眩しすぎる青春と、真っ直ぐすぎる純愛」といった感じです。ケガで陸上競技の夢に挫折し、失意に暮れていたヒロインが、心に傘をさしてくれた店長に抱いた一途な恋。普通なら二の足を踏んでしまうようなその恋心に対し、不器用な彼女なりに真っ直ぐに突っ走っていく姿が、とても微笑ましく描かれていきます。

 

 一方で、そんな彼女の想いに振り回されながらも、その純粋さに感化されていくうちに、次第に忘れていた自身の夢を取り戻していく店長の姿も、また胸を打つものがあります。
「若さっていうのは、時に乱暴で凶暴なものなんだ。でもその時感じた感情が、いつかかけがえのない財産になる。」
という言葉がステキでした。

 

 そして、本作を彩る楽曲も非常に魅力的です。主題歌の「フロントメモリー」の疾走感は、まさにあきらの真っ直ぐな恋心や、颯爽と走っていく陸上競技の世界観にピッタリで、聴いているだけで清々しい気持ちにさせてくれます。

 

 気になるラブシーンなんかも勿論ありませんので、デートムービーにも最適です。是非皆さんでご覧になってみて下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※清野菜名さん・・・本作では、あきらの幼馴染みで同じ陸上部の喜屋武はるか役。最近の映画では「TOKYO TRIBE」でのヒロイン役のほか、「東京無国籍少女」や「雨女」での主演、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」や「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、「金メダル男」や「暗黒女子」にも出演されています。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A