ゼニガタ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「銭に支配された人間は、銭の形が見えなくなるぞ。」
 
2018年5月26日公開
監督:綾部真弥
出演:大谷亮平・小林且弥・佐津川愛美 他
 
【賛否両論チェック】
賛:金に執着するがゆえに落ちていく人間達の浅ましさや、そんな極限状態で現れる真の人間性に、思わず考えさせられる。主人公達の感情の交錯も見逃せない。
否:設定にはかなり無理があり、現実味はなし。グロシーンは少ないものの、ラブシーンはあり。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 裏で闇金業を営む居酒屋「銭形」の姿を通して、閉鎖的な社会の闇を描きます。主演は大谷亮平さん。
 
 物語の舞台は、どこかの小さな港町。商店街のアーケードで1人の男が、町のヤンキー・樺山(玉城裕規)とその仲間達に殴られていました。しかし男は、殴られても蹴られてもヘラヘラ笑うばかり。しまいには、元ボクサーだという新入り・剣持八雲(田中俊介)のパンチを食らいますが、男はそれでも立ち上がると、逆に八雲を倒してしまうのでした。
 
 男の正体は、闇金業を営む銭形静香(小林且弥)。静香は恐れをなした樺山達を、兄の富男(大谷亮平)が営む居酒屋「銭形」へと連れていきます。実は樺山達は、この居酒屋の裏の顔である闇金から金を借りたまま返さずにいたため、静香が取り立てに出向いたところだったのでした。富男は樺山達に枝豆を出すと、「5万円」という料金を言い渡します。憤慨した樺山は
「警察に行く!!」
とわめきますが、そこへやって来たのは地元の警察官。彼は樺山達の言い分を聞くことなく、富男に金を渡すと立ち去ってしまうのでした。警察に行っても無駄だと悟った樺山達は、身につけていた貴金属を泣く泣く富男に渡して解放されますが、その後で1人残った八雲は、
「俺を雇ってくれませんか?」
と持ちかけます。戸惑う静香に対し、富男は、
「おっかなびっくり生きてる人間は、信用出来る。」
と、八雲を雇うことにするのでした。
 
 一方こちらは、同じ町の菓子工場に勤める早乙女珠(佐津川愛美)。浪費癖のある彼女は、サラ金への借金がかさんでブラックリスト入りしており、返済のためにキャバクラで副業をしていました。ある日の夜、同僚に頼まれて客の相手をしていた彼女は、その客に連れられて居酒屋へとやって来ますが、なんとそこは「銭形」。実はこの客は、富男からの借金の返済のために、金づるになりそうな珠を売ったのでした。しかし、“落ちるところまで落ちる”という覚悟をとうに決めている珠は、慌てふためくことなく、富男から金を借りることを決めます。その心意気を察した富男は、返済のための手助けとして、
「繋がりを探せ。」
と声をかけるのでしたが・・・。
 
 「闇金ウシジマくん」や「シマウマ」なんかもそうですが、本作を通して伝わってくるのは、理由は様々でもお金を追い求め過ぎたあまりに、やがて自ら修羅の道へと足を踏み入れてしまう人間の浅ましさです。そしてそんな局面にあって、腹をくくってもがき続ける者と、逃れようとして自滅していく者、対照的なそれぞれの姿が描かれているのも印象的です。
 
 一方で、彼らに金を貸す側の富男と静香の間に、決して簡単には埋まらない溝があることにも、思わず考えさせられます。金の存在そのものに助けられ、狂気の一歩手前で踏みとどまっている静香と、そんな彼とは一線を画し、全てを抱え込む富男。折に触れ2人の感情が激しく交錯する瞬間も、見どころの1つです。また個人的には、安達祐実さん演じる留美に富男が語る、
「大したことない人間になるのを恐れるか、大したことないと思われるのを恐れるか。」
という言葉が、深いなと思いました。
 
 冷静に考えると、ツッコミどころはかなり多い作品ですが(笑)、「銭」という人間とは切っても切れない因果な物にまつわるドラマを、是非観てみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※田中俊介さん・・・本作では、富男の下で働くことになる元ボクサー・剣持八雲役。「BOYS AND MEN」のメンバーの方で、最近の映画では「サムライ・ロック」「復讐したい」「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」等に他のメンバーと共に出演されているほか、あの「HiGH&LOW」シリーズにも、達磨一家の雷太役として出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>