ラプラスの魔女 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ミステリー好きには微妙?進歩を続ける科学の果てに。
 
2018年5月4日公開
監督:三池崇史
出演:櫻井翔・広瀬すず・福士蒼汰 他
 
【賛否両論チェック】
賛:不気味で不可解な事件が発端となり、次第に主人公が知ることになる真相に、進みすぎる科学の功罪を改めて痛感させられる。
否:ややSFチックな内容には、ミステリー好きの賛否は分かれそう。クライマックスのシーンも、かなりの消化不良か。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 東野圭吾原作小説の映画化です。地球化学者の主人公が、不可能殺人に挑みます。主演は櫻井翔さん。
 
 主人公は地球化学の専門家・青江修介(櫻井翔)。ある時彼は、山深い赤熊温泉の関係者から、温泉郷近くで起きた奇妙な変死事件の調査を依頼されます。その事件は雪が深く積もった沢で、映画プロデューサーの水城義郎が硫化水素中毒を起こし、亡くなったというもの。関係者に案内され、現場の沢を訪れた青江は、立ち入り禁止区域にも関わらずに入ってきた、謎の少女(広瀬すず)と出逢うのでした。
 
 現場の調査を終えた青江は、早速地元の温泉街の宿主達に向けた説明会を開き、絶えず気流の変化がある屋外で、硫化水素が滞留し続けることはまずあり得ないことから、温泉地に危険性はないと説明します。宿主達は安心しますが、そこへやって来た1人の男が、
「殺人事件の可能性は?」
と問いかけます。男の正体は、警視庁麻布署の刑事・中岡祐二(玉木宏)。彼は今回の変死が事故ではなく、水城の歳の離れた妻で元女優の千佐都(佐藤江梨子)が、遺産目当てに起こした殺人事件ではないかと睨んでいました。しかし青江は、
「あり得ません。」
と完全否定します。その後、宿泊する宿へと向かった青江は、到着したロビーで再びあの少女を発見。するとその時、たまたま通りかかった少年が、オレンジジュースをテーブルの上へこぼしてしまいますが、その瞬間、少女は置いていたスマートフォンの向きを少し変えます。その直後、こぼれたジュースはまるで予測されていたかのように、スマートフォンを綺麗によけてテーブルの上を流れていくのでした。一瞬のことに驚く青江をよそに、少女はすぐに姿を消してしまいます。
 
 それからしばらく経ったある日、青江の下に中岡から連絡が入ります。それによると、今度は苫手温泉で似たような変死体が発見されたとのこと。すぐに中岡と現場に向かう青江。亡くなったのは売れない俳優・那須野五郎で、現場は水城の時と同様雪山の中腹でしたが、またしても人為的な硫化水素の操作は不可能な現場でした。ところがその日の夜、青江が泊まっていた宿の部屋に、突然あの少女が飛び込んできます。呆気に取られる青江でしたが、その直後、黒ずくめの謎の男女(TAO・高嶋政伸)が、少女を追って姿を現すのでした。少女はとっさに窓から外へ逃げたと見せかけ、追っ手を巻くと、青江に
「現場に連れていって。」
と要求します。名前と理由を尋ねる青江に対し、羽原円華と名乗った少女は、
「人を探しているの。」
と、謎の青年(福士蒼汰)の写真を見せるのでしたが・・・。
 
 科学的に立証不可能な事件と、見え隠れする謎の青年、そして接触してくる謎の少女。思いもよらない騒動に巻き込まれていく主人公の科学者が、やがて辿り着く驚がくの真実に、進歩を続ける科学の在り方について、改めて考えさせられるようです。
 
 ただ(あまり言うとネタバレになってしまいますが)、内容的はどうしてもSFに近いようなテーマでもあるので、その辺りが本格的なミステリーを求めている人にとっては、どうしても期待外れになってしまうかと思います。
 
 クライマックスも
「えっ?」
というくらい呆気ない印象が、どうしても拭えない感が否めません。
 
 良くも悪くも、好みがハッキリと分かれそうな作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※TAOさん・・・本作では、広瀬すずさん演じる羽原円華を追う謎の女性・桐宮玲役。最近の映画では、「ウルヴァリン:SAMURAI」や「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」といった洋画や、ジョン・ウー監督最新作「マンハント」等にも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>