となりの怪物くん | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

まさに王道。怪物が教えてくれた、かけがえのない愛と友情。
 
2018年4月27日公開
監督:月川翔
出演:菅田将暉・土屋太鳳・池田エライザ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:青春映画の王道を地で行くストーリーがステキ。孤独を抱えた主人公達が、少しずつ深い絆で結ばれていく姿や、恋愛映画としての魅力も満載。
否:展開はかなり予定調和感があり、目新しさはない。設定も結構強引か。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・ほんの少しだけあり
怖シーン・・・基本的にはなし
 
 
 人気コミックの実写映画化です。孤独だった高校生達が、次第にかけがえのない絆を手に入れていきます。主演は菅田将暉さんと土屋太鳳さん。
 
 友達を作らず、一心不乱に勉強に打ち込む高校1年生・水谷雫(土屋太鳳)。そんな彼女の席の隣りには、新学期初日に暴力事件を起こし、学校へ来なくなってしまった吉田春(菅田将暉)の席がありました。そんなある日、雫は担任(入山法子)から、春の家までプリント一式を届けに行くよう、半ば強引に頼まれてしまいます。春の家は、従兄弟の“みっちゃん”こと三沢満善(速水もこみち)が切り盛りするバッティングセンター。プリントを満善に渡し、早々に帰っていく雫に、春は何故か体当たりをかまし、
「お前、学校の回し者だろ!?」
と疑います。しかし単純な彼は、すぐに
「“ハル”って呼べよ!友達なんだし!!」
と、なれなれしく手を振るのでした。
 
 翌日の下校時、雫は春に強引に連れ去られる形で、カフェへと付き合わされます。そこで雫は、春が3人組の同級生に、せがまれるがままにお金を渡すのを目撃。春は、
「あいつらが友達。」
と笑いますが、雫は
「あんなの本当の友達じゃない!!」
と吐き捨てます。怒った春は雫に頭から飲み物を浴びせますが、雫も負けじと飲み物を浴びせかけ、逃走。そんな2人の様子を、偶然通りかかった同級生の“ササヤン”こと佐々原宗平(佐野岳)は、微笑ましげに見守ります。実は佐々原は野球部だった中学時代に、部員達によるいじめを目撃した際に助けることが出来ず、代わりに春が助けに入って暴力沙汰となり、それ以来学校へ来なくなったという借りがありました。翌日その話を聞いた雫は、登校初日の春の暴力事件も、カツアゲされていた生徒を助けるためのものだったと気がつくのでした。
 
 その後しばらくして、いよいよ出席日数が危うくなってきた春の下へ、再びプリントを届けに来た雫。満善に言われるがままにバッティングをしていると、あの3人組が遊びにやって来ます。相変わらず春を小馬鹿にしていた3人に対し、雫が
「もっとハルと誠実に向き合ってあげて!!」
と啖呵を切ったため、そっと陰で聞いていた春も慌てて飛び出して来ます。そしてそんな2人の様子を、そばにいた“ヤマケン”こと山口賢二(山田裕貴)も見ているのでした。その日の事件以来、ようやく学校へと来るようになったハルでしたが、ある朝登校途中にニワトリを拾って来てしまいます。夏目あさ子(池田エライザ)も加わった彼らはそこで、乗り気のしない雫をよそに、「ニワトリ飼育部」を発足させるのでした・・・。
 
 それぞれ心に何かを抱え、独りぼっちだった主人公達。そんな彼ら彼女達が、良くも悪くも型にはまらない「怪物」との交流を通して、少しずつお互いの絆を深めていく様は、まさに青春映画の王道です。
 
 また、そんな怪物ことハル自身にも、天才肌であるが故の孤独や葛藤があるのも見逃せません。とはいうものの、菅田将暉さんが魅せるハルの無邪気な表情の数々には、きっと胸キュンしてしまう女性陣も多いはずです(笑)。
 
 そして何といっても、恋愛映画としての要素も満載です。ハルとシズクの不器用すぎる恋模様は言うに及ばず、あさ子や千づる、ヤマケンやササヤンと、各々の切ない恋路も描かれ、思わず共感してしまうこと請け合いです。
 
 ラストはやや尻すぼまり感も否めませんが、デートムービーとしても最適な1本ですので、是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※佐野岳さん・・・本作では、ハルやシズクと友達になるササヤンこと佐々原役。「仮面ライダー鎧武」の主人公役で有名になった方で、最近の映画では、実在する企業のインターンシップを描いた「インターン!」での死神役や、「HiGH & LOW THE MOVIE」シリーズにもご出演。恋愛映画では「honey」にも出演されていますね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A