名探偵コナン ゼロの執行人 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ツッコミは野暮。孤軍奮闘の果てに、辿り着いた真実とは。
 
2018年4月13日公開 
監督:立川譲
出演(声):高山みなみ・山崎和佳奈・小山力也 他
 
【賛否両論チェック】
賛:表沙汰にならない公安の事件に、コナンが果敢に挑んでいく様や、不穏な動きを見せる安室透の姿に惑わされ、ハラハラさせられること必至。アクションも荒唐無稽さを感じつつも、思いのほか楽しめる。
否:今回は司法用語等がかなり出てくるので、知らない人には難しそう。やりすぎ感満載の強引なアクションも多数あり。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しだけあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 あの大人気コミックの劇場最新作です。サミット会場爆破事件を発端に、コナンが公安警察の暗部に挑みます。
 
 東京サミットを1週間後に控えたその日、開催予定地であった東京湾の施設「エッジ・オブ・オーシャン」では、警視庁公安部による確認作業が行われていました。ところがその時、突如として大規模な爆発が発生し、建物の1つが倒壊。現場に居合わせた安室透(声:古谷徹)も巻き込まれてしまうのでした。
 
 この爆発によって、警察官数名の死傷者が出たものの、オープン前の施設だったこともあって、民間人の犠牲者はゼロ。また、発火元が建物地下の厨房で、ガス爆発の可能性が高かったこと等から、当初は事故の可能性が濃厚だと思われていました。ところが、施設のガス栓が最新式の遠隔操作が可能な物であり、現場付近から現場関係者・警察関係者のいずれの物とも一致しない指紋が出たことから、事件性が一気に高まります。そして公安の捜査の結果、その指紋が一致した人物は、あの毛利小五郎(声:小山力也)だったのでした。
 
 これを受け、毛利探偵事務所にも家宅捜索が入ることに。不安げな蘭(声:山崎和佳奈)が立ち会う中、江戸川コナン(声:高山みなみ)も捜査を始めようとした矢先、探偵事務所のパソコンから、エッジ・オブ・オーシャンの見取り図や、ガス栓を操作した痕跡が見つかります。そして小五郎は、公安によって逮捕されてしまうのでした・・・。
 
 爆発事件と、毛利小五郎の逮捕。その陰に見え隠れする、公安警察・公安検察の姿。決して明るみになることのない公安の事件に、果たしてコナンがどう挑んでいくのか、要注目です。ただ今回は、公安警察に毛利小五郎が逮捕されるという展開なので、警察用語や司法用語が多数登場します。そのため少しそちらの知識がないと、かなり難しい話に感じてしまうかも知れません。
 
 また、もはや劇場版のお約束にもなりつつある、度を越えたアクションシーンは、本作でも多数登場しますので、
「いやいや、それはさすがに無理でしょ!!」
と、思わずツッコみたくなってしまうと思います(笑)。
 
 あまり深くは考えずに、純粋にコナン達の活躍に酔いしれたい、そんな作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>