犯罪都市 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

グロシーンは多め。仁義なき男達の孤高な戦い!!
 
2018年4月28日公開
監督:カン・ユンソン
出演:マ・ドンソク
ユン・ゲサン 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ヤクザが構想を繰り広げる荒れた町で、自らの正義で戦い続ける刑事達の奮闘ぶりが、観ていて痛快。
否:かなりのグロシーンが続くので、苦手な人には向かない。変に笑わせようとする演出も、好みは分かれそう。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも
 
 
 韓国映画。実際に起きた摘発事件を基にしたフィクションです。
 
 物語の舞台は、ソウル南部の衿川(クムチョン)。ここでは「朝鮮族」と呼ばれるヤクザが幅を効かせており、中でも毒蛇(ドクサ)組とイス組がしのぎを削っていました。地元警察強力班の刑事、マ・ソクト(マ・ドンソク)はその日も、毒蛇組の組員が刺された事件で、イス組の組員を逮捕。毒蛇組の組長・アン(ホ・ソンテ)とイス組の組長・チャン(パク・ジファン)を呼び出すと、無理やり握手をさせて写真を撮影し、半ば強引に手打ちにさせるのでした。
 
 そんな中、手下のキルスに電話で助けを求められた毒蛇組のアンは、組員を引き連れて廃棄物処理場へと向かいます。そこでアンを待っていたのは、指をハンマーで潰されたキルスと、“借金取り”を名乗る3人の不気味な男達でした。そのリーダー格のチャン・チェン(ユン・ゲサン)は、「2億ウォン」という破格の借金の返済を要求。当然ながらアンは断りますが、そんな彼を3人はいきなりメッタ刺しにして殺害。たちまち毒蛇組を乗っ取ってしまうのでした。
 
 ソクトはというと、勤務をそこそこで終わらせると、弟分の韓国マフィア・ファン(チョ・ジェユン)が仕切るホテルで酒を飲んで酔い潰れていましたが、その翌朝、血相を変えた従業員に叩き起こされます。ホテルには既に警察が到着。なんでも、やって来た中国系の3人組(チャン・チェン達)によって、支配人が腕を切り落とされるという事件が起きたとのことで、ファンは激昂します。一方のチェン達は、イス組にも睨みを効かせ、その島を奪ってしまいます。実は彼らの正体は、新たに進出してきた中国系マフィア「黒龍(フンリュウ)組」だったのですが・・・。
 
 我が物顔で町を牛耳るヤクザ達の抗争に巻き込まれながらも、自らの正義とやり方で真っ向から戦い続ける主人公達刑事の強さが、非常に痛快でカッコイイです。アクションもかなり豊富で、観ていてハラハラさせられます。
 
 難点を挙げるとすれば、グロシーンがかなり多いことと、クスッと笑わせようとする演出の好みが分かれそうなところでしょうか。
 
 ストーリーも割とご都合主義的ではありますが、主人公の男気溢れる熱い戦いぶりを、是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※マ・ドンソク・・・本作の主演です。最近の映画では、ゾンビによるパニックを描いた「新感染 ファイナル・エクスプレス」での、身重の妻を守る男役が有名なところです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>