アベンジャーズ インフィニティ・ウォー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

復習は必須。規格外のスケールで描かれる、最悪の戦い!!
 
2018年4月27日公開
監督:アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr.
クリス・ヘムズワース
マーク・ラファロ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:桁外れのアクションは今回も健在。強すぎる敵との戦いが宇宙規模で描かれ、その迫力にただただ圧倒される。
否:如何せん過去の作品が多数関係しているので、予備知識がないまま観ても訳が分からない。グロシーンも結構あり。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン等メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも
 
 
 言わずと知れたマーベル最新作。最凶の敵を前に、ヒーロー達が集結します。
 
 始まりは、アズガルドからの難民船が、サノス(ジョシュ・ブローリン)率いるタイタン人の攻撃を受けたことでした。乗っていた者達は惨殺され、ソー(クリス・ヘムズワース)も敗北。ロキ(トム・ヒドルストン)はその場で、兄であるソーの命を諦めるか、「スペース・ストーン」が入った四次元キューブを渡すかの選択を迫られます。ロキはやむなくキューブを渡しますが、次の瞬間、サノスの後ろからハルク(マーク・ラファロ)が襲いかかります。しかしサノスには全く歯が立たず、叩き伏せられてしまうのでした。その時、ヘイムダル(イドリス・エルバ)が最後の力を振り絞ると、ハルクを地球へと逃がします。すると、それを見たサノスは、ヘイムダルをその場で刺殺。ロキも隙を突こうとしますが、失敗し、ソーの目の前で殺されてしまうのでした。その後サノス達は船を去り、難民船は大爆発と共に消え去ってしまいます。
 
 ところ変わって、地球。“ドクター・ストレンジ”ことスティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)とウォン(ベネディクト・ウォン)の下へ、ハルクから変身が解けたブルース・バナーが落下してきます。“アイアンマン”ことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)も到着し、彼らはサノスの脅威が迫っていることを知ることになります。何故ならサノスの狙いは、6つの「インフィニティ・ストーン」を集め、力を得ることであり、そのうちの「タイム・ストーン」をスティーヴンが持っており、「マインド・ストーン」はヴィジョン(ポール・ベタニー)の体内にあるからでした。そうこうしているうちに、ロンドン上空にはタイタンの宇宙船が飛来。サノスこそいなかったものの、タイタンの戦士2人が地上へと降り立ち、都市は大混乱に陥ります。スタークとスティーヴンが果敢に応戦しますが、ブルースは何故か変身することが出来ず、戦力になりません。“スパイダーマン”ことピーター・パーカー(トム・ホランド)も参戦しますが、彼らは防戦一方。そして遂にスティーヴンは戦いに破れ、ストーンもろとも宇宙船へと吸い上げられてしまいます。そしてとっさにしがみついたスタークとピーターも、宇宙へと向かってしまうのでした。
 
 時を同じくして、“スター・ロード”ことピーター・クイル(クリス・プラット)率いる「ガーディアンズ」は、救難信号が出ていた宇宙空間へと向かっていました。やがて彼らは、バラバラになったアズガルドの難民船を発見し、偶然ソーを助けることに。しかしソーからサノスの話を聞いた一行は、複雑な表情を隠せません。実はガモーラ(ゾーイ・サルダナ)はサノスの養子であり、ドラックス(デイブ・バウティスタ)の家族はサノスに殺されていたのでした。かくしてソーに協力することになったガーディアンズ。ソーとロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、そしてグルート(声:ヴィン・ディーゼル)はサノスを倒すための武器を造りに向かい、ピーターとガモーラ、ドラックスそしてマンティス(ポム・クレメンティエフ)は、「リアリティ・ストーン」がある“コレクター(ベニチオ・デル・トロ)”の下へと向かいます。一方地球では、失踪していたヴィジョンと“スカーレット・ウィッチ”ことワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)が、タイタンの刺客に襲われる事件が発生。万事休すかと思われましたが、間一髪で助けに入ったのは、あの“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、“ブラック・ウィドウ”ことナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)、“ファルコン”ことサム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)の3人でした・・・。
 
 アイアンマン、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラック・ウィドウ、ブラック・パンサー、ヴィジョン、スカーレット・ウィッチ、ウォーマシン、ファルコン、そしてガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々と、挙げるだけでもそうそうたる顔ぶれのヒーローが勢揃いする様は、それだけでも既に痛快そのものです(笑)。
 
 そして今回は、そんな彼らが束になってもかなわない最強最悪の敵・サノス率いるタイタンに対し、彼らがどんな戦いを挑んでいくのか、そのまさに宇宙スケールで規格外のド迫力アクションには、分かっていても圧倒されてしまうこと請け合いです。
 
 ただ、やはりストーリー自体が過去の作品とかなり繋がっているので、予備知識がないと全く訳が分からないまま終わってしまいそうです(笑)。良くも悪くも、数多くのキャラクターのバックボーンが絡み合った、超大作といって間違いない作品です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※イドリス・エルバ・・・本作ではアズガルドの戦士・ヘイムダル役。最近の映画では、「パシフィック・リム」での司令官役や、「マンデラ 自由への長い道」でのネルソン・マンデラ役、「ダークタワー」での主演のほか、「ズートピア」での署長の声役や、「ジャングル・ブック」でのトラの声役でも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>