人狼ゲーム インフェルノ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

初の試みが目を引く。壮絶な騙し合いの結末とは。
 
2018年4月7日公開
監督:綾部真弥
出演:武田玲奈・小倉優香・上野優華 他
 
【賛否両論チェック】
賛:シリーズ特有の先が読めない騙し合いの連続に、観ていてハラハラさせられること請け合い。テレビドラマとの連動やゲーム外の模様等、新しい試みにも注目。
否:そもそもの荒唐無稽感や、展開の強引さは、ツッコミ出すとキリがない。グロシーンも結構多め。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 命を賭けた「人狼ゲーム」シリーズ、初のテレビドラマ「人狼ゲーム ロストエデン」からの連動作品です。主演は武田玲奈さん。
 
 高校生達が倒れている一室を歩く、謎の男(水野勝)。男はそのまま立ち去り、ほどなくして主人公・野々山紘美(武田玲奈)が目を覚ましますが、同時に彼女は驚きます。目を覚まして同じような驚きを見せたのは、向亜利沙(小倉優香)と浅見ルナ(上野優華)の2人。彼女達を含め一室に集められた10人は、皆鶴ヶ岡高校のクラスメイト。全員が目覚めると、部屋のテレビ画面に文字が写し出され、「人狼ゲーム」の始まりが告げられますが、紘美達が驚いたのは他でもなく、彼女達3人がつい先ほどまで他のクラスメイト7人と、命懸けの人狼ゲームを生き抜いてきたばかりだったからなのでした。
 
 そんな思惑とは裏腹に、ゲームのルール説明は続きます。ゲームの目的は、10人の「村人」の中に紛れ込んでいる2人の「人狼」を見つけ出すこと。人狼は夜中に村人を殺害するため、全員で毎晩8時に人狼だと思う人物を選んで投票し、〝処刑”。最終的に人狼が全滅すれば村人側の勝利、逆に村人と人狼が同数になれば人狼の勝利で、賞金は1億円。ただし、役割が書かれている自分のカードを他人に見せたり、暴力をふるったり、逃走したりすると、〝処刑”されるというもの。そして村人の中にも、1日1回誰かの役割を知ることが出来る「予言者」や、前日に死んだ人間の役割が分かる「霊媒師」、毎晩誰か1人の部屋の鍵をロックして守ることが出来る「用心棒」や、村人として行動するが人狼が勝った場合にのみ勝者となる「狂人」と、細かな役割があるとのことでした。そして今回は、「投票が同数になった者がいた場合は、決選投票を行い、それでも同数になった場合は処刑しない。」というルールが追加されていました。また、今回の参加者の中には、亜利沙が密かに想いを寄せる同級生・水谷和希(松本享恭)もおり、亜利沙は動揺を隠せないのでした。
 
 時を同じくして鶴ヶ岡警察署では、疾走した総勢17名の高校生達の行方を懸命に探しており、命を賭けたゲーム「人狼ゲーム」の存在を突き止めていました。しかし、一向に高校生達の足どりは掴めず、刑事の照屋(加藤虎ノ介)達は焦りの色を隠せずにいるのでした。その日の夜、人狼ゲーム初日の午後8時が迫る中、誰を処刑するかで場は騒然となりますが、そこで紘美は警察が発見してくれることに一縷の望みを賭け、時間稼ぎのための「ある提案」をするのでした・・・。
 
 長く続いている「人狼ゲーム」シリーズ。今回もその頭脳戦の痛快さは健在です。様々な役割を名乗る村人側と、狂人を含めて息をひそめる人狼側、一晩でその形勢が逆転していく様に、観ていてハラハラさせられます。
 
 ただ本作はあくまでもテレビドラマからの流れなので、やはりそちらを観ていないと魅力は半減してしまいそうです。そして今回は他にも、これまであまり描かれてこなかった警察の動きや、ゲームを動かす謎の男の存在が見え隠れし、物語をより引き立てています。
 
 そもそもの無理がありすぎる設定や、かなり強引なストーリー展開には目をつむって、純粋に騙し合いを楽しみたい、そんな作品であることは間違いなさそうです。
 
 
【ピックアップ・ムービー】
※上野優華さん・・・本作では、2回目の人狼ゲームに臨むルナ役。最近の映画では、主題歌も歌っている「1/11 じゅういちぶんのいち」「トモダチゲーム 劇場版」や、ホラー映画の「心霊写真部 劇場版」「ヴァンパイア ナイト」、復讐が合法化された島でのサバイバルを描いた「復讐したい」や、人気コミックの実写化「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」、そして行き詰まった子役と小さな劇団との出逢いを描いた「はらはらなのか。」等にも出演していらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>