牙狼 GARO 神ノ牙 KAMINOKIBA | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

CG満載のフルアクション。完全なるファン向けムービー!!
 
2018年1月6日公開
監督:雨宮慶太
出演:栗山航・池田純矢・青木玄徳 他
 
【賛否両論チェック】
賛:力を奪われた騎士達が、それでも果敢に闇の陰謀に立ち向かっていく姿が痛快。殺陣やCGを駆使したアクションにも圧倒される。
否:前作までの知識は必須。世界観やストーリーもかなり特殊なので、ファンでないと全く楽しめない。グロシーンもあり。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも
 
 
 人気特撮アクション「牙狼 GARO」シリーズの最新作です。主演は栗山航さん。
 
 人の心の闇にすむ魔獣・ホラーの研究をしていた、1人の博士(斉木しげる)。彼はその成果を、自慢げに助手の女性に話しているところでした。それによると、ホラー達には〝神の牙”と呼ばれる方舟が存在しており、それに乗って月へと行くことで、彼らは強大な力を得ることが出来るとのこと。しかもその博士は、なんとその神の牙が現存する場所も突き止めたということでした。ところが次の瞬間、博士は体を貫かれ、息絶えてしまいます。実は助手の女性の正体は、神の牙の場所を探し求めていた残忍なホラー・リンザ(佐咲紗花)。彼女はやって来た手下のボエル(くっきー(野生爆弾))と共に、行動を開始するのでした。
 
 時を同じくして、黄金騎士・道外流牙(どうがいりゅうが)(栗山航)は、魔戒法師・莉杏(南里美希)の手伝いの下、鍛練に勤しんでいました。そこへ、ザルバがホラーの気配を嗅ぎつけたため、流牙は早速その気配をたどっていきます。一方その気配の先では、ゴロツキに捕まる1人の魔戒騎士・蛇崩猛竜(じゃくずれたける)(池田純矢)の姿がありました。実は猛竜は、ゴロツキ達のボスがホラーだと見抜いており、わざと捕まっていたのでした。彼はボスがやって来た途端に拘束を抜け出すと、猛然と襲いかかります。ボスはその正体を現すと逃げ惑いますが、猛竜は難なく倒してしまうのでした。ところがその直後、謎の魔戒法師の女が襲ってくると、彼の鎧を奪ってしまいます。しかも防ごうとした猛竜の妨害をしたのは、なんと魔戒騎士の楠神哀空吏(くすがみあぐり)(青木玄徳)でした。
 
 一方、猛竜がホラーを倒してしまったため、気配を見失ってしまった流牙は、莉杏と共に魔戒法師・リュメ(桑江咲菜)に呼び出されます。その場で、リュメと猛竜から事の顛末を聞いた2人は、猛竜と共に、鎧を奪った魔戒法師・蛮美(屋敷紘子)の行方を追うことになります。しかし一足遅く、彼らはリンザ達ホラーの襲撃に遭ってしまい、何故かホラーと手を組んでいた蛮美によって、流牙は黄金騎士の鎧を奪われてしまうのでした・・・。
 
 前作までの予備知識は必須です。ホラーの策略によって鎧を奪われ、力を失った黄金騎士達が、復活した最凶の敵を前にどう立ち向かっていくのか、要注目です。
 
 アクションも健在。大人数のホラーを相手にした生身の大立ち回りのほか、宇宙空間で繰り広げられるCG満載のアクションも魅力です。
 
 知らない人が観ると
「何じゃこりゃ!?」
となってしまいそうな荒唐無稽の作品ではありますが(笑)、ファンの方は必見の作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※青木玄徳さん・・・本作では、物語のカギを握る魔戒騎士・楠神哀空吏役。新進気鋭の俳優さんで、最近の映画では、新木優子さん主演の実在するインターンシップを描いた「インターン!」や、山田裕貴さん主演の「闇金ドックス」シリーズ、千葉雄大さん等が主演の「Mr.マックスマン」シリーズ等にも出演していらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>