劇場版「進撃の巨人」Season2 覚醒の咆哮 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予備知識は必須。加速し始めた、主人公達の過酷な戦い!!

 

2018年1月13日公開
監督:荒木哲郎・肥塚正史
出演(声):梶裕貴・石川由依・井上麻里奈 他

 

【賛否両論チェック】
賛:次第に混迷を深めていく巨人の謎に苦悩しながらも、歩みを止めずに戦い続ける主人公達の姿が、痛々しくも雄々しい。
否:続き物でしかも総集編なので、元々のファンでないと観てもつまらなそう。グロシーンもかなりある。

 

ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・かなりあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも

 

 

 あの「進撃の巨人」のアニメ版、そのシーズン2の総集編です。

 

 超大型巨人によって外壁が壊され、人類が内側のウォール・ローゼまで撤退した現在。調査兵団に紛れ込んでいた“女型の巨人”、アニ・レオンハート(声:嶋村侑)を死闘の末に捕獲した主人公、エレン・イェーガー(声:梶裕貴)でしたが、それはまだ本当の戦いの序章に過ぎませんでした。一方で、壊れた壁の内部に巨人が埋められていたことを受け、ハンジ(声:朴ろ美)はニック司祭に対し、
「どういうことですか!?」
と問いつめますが、ニック司祭は最後まで口を割りません。結局真相は分からないままでした。

 

 時を同じくして、ウォール・ローゼ南区で待機していたサシャ(声:小林ゆう)達の下へ、巨人の群れが出現したとの一方が入ります。分隊長のミケの指示の下、サシャ達は着の身着のまま、近くの村へ避難を呼びかけて回ることに。巨人達の進む先には、コニー(声:下野紘)の故郷があったため、土地勘があるコニーが先導しますが、何故か巨人達は突然一斉に走り出し、コニー達は追いつかれそうになってしまいます。そこでミケが、やむなく独りで巨人達を引きつけ、コニー達はなんとか村へと先回りすることが出来たのでした。

 

 一方エレン達も、ウォール・ローゼ壁内に巨人出現の知らせを受け、破られたであろう壁の調査と、分隊の救援へと向かいます。その中には、
「真実を話すべきか、自分の目で確かめたい。」
とする、ニック司祭の姿もありました。

 

 その頃ミケは、単身で巨人をあらかた始末していましたが、屋根に昇ってふと遠方に女を向けると、そこには巨体に体毛を纏った“獣の巨人”の姿がありました。すると次の瞬間、獣の巨人は走ってきたミケの馬をつまみ上げると、ミケに向かって投げつけてきます。予想外のことに不意を突かれたミケは、屋根から転落し、他の巨人に食べられそうになってしまいます。とその時、獣の巨人が近づいてくると、
「待て。」
と言葉を発し、構わずミケを食べようとする巨人を
「俺今、待てって言ったろ?」
と言って殺害。さらにはミケに対し、
「その武器は何て言うんですか?腰に付けた、飛び回る奴。」
と、言葉を発し続けるのでした・・・。

 

 前作までの説明も少ないので、予備知識は必須かと。また、アニメ版の総集編でもあるので、言ってしまえば目新しさは特にありません。

 

 壁の中の人類にも、巨人になれる裏切り者が紛れ込んでいるという真実から始まり、現れる巨人達が次第に不可解な動きを見せていく中で、主人公が巨人への憎しみを抱きながら葛藤していく姿が、勇ましくもどこか痛々しく映ります。

 

 そして、裏切り者がついにその正体を現した時、主人公とその仲間達の切なすぎる戦いはどこへ向かっていくのか、その行方にも注目です。

 

 続き物なのでまだまだ謎は残りますが、「進撃の巨人」ファンの方は是非。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>