火花 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これが芸人の生き様。ラストを飾る“常識を覆す漫才”とは。
 
2017年11月23日公開
監督:板尾創路
出演:菅田将暉・桐谷健太・木村文乃 他
 
【賛否両論チェック】
賛:2人の芸人の孤高な魂が出逢い、次第にお互いに影響を与えていく姿に、芸の道に生きる者達の真髄を垣間見るよう。感動を呼ぶラストも秀逸。
否:基本的には芸人達の生き様が淡々と語られていくだけなので、見方によっては非常に退屈。笑いのネタも見る人を選びそう。
 
ラブシーン・・・下ネタがあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし
 
 
 又吉直樹さん原作の芥川賞受賞作の実写映画化です。主演は菅田将暉さんと桐谷健太さん。
 
 営業で熱海の商店街の舞台に上がった、漫才コンビ「スパークス」の徳永(菅田将暉)と山下(川谷修士)。しかし客席はガラガラで、誰1人彼らの漫才を見てはくれません。しまいには地元のヤンキーが続々と集まってくると、面白半分に絡まれてしまう始末でした。それでもなんとか漫才を終え、散々な思いで舞台袖へと戻ってきた徳永へ、1人の男がすれ違いざまに
「仇取ったるわ。」
と声をかけます。その声の主は、先輩漫才コンビ「あほんだら」の神谷(桐谷健太)。しかし彼の相方の大林(三浦誠己)は血の気が多く、結局ヤンキー達とケンカになってしまうのでした。
 
 舞台後、主催者にこってりと絞られた、あほんだらの2人。それでも全く意に介さない神谷は、帰ろうとした徳永を飲みに誘います。これが徳永と神谷の最初の出逢いとなったのですが、他の芸人達とはどこか一線を画した不思議な魅力を放つ神谷に、徳永は唐突に弟子入りを志願。神谷は面食らいながらも、これを快諾するのでした。
 
 その後も徳永は貧乏暮らしを続けながら、山下と共に小さな舞台からコツコツと下積みを続けていましたが、その間大阪を拠点に活動をしていた神谷とも、頻繁に連絡をとり続けていました。するとしばらく経って、神谷も吉祥寺へと引っ越してきたため、2人は何かと行動を共にしては、吉祥寺の街をフラフラと出歩くようになります。そして徳永は、神谷が居候をしている家の女性・真樹(木村文乃)とも出逢うのでしたが・・・。
 
 貧しいながらも自身の夢を叶えようと奮闘する徳永と、敢えて飄々と己の道を歩んでいく神谷。一見すると対照的で、しかしどこか同じ匂いのする2人が出逢い、お互いに変わっていく様がしっかりと描かれていくのが印象的です。
 
 そして、圧巻なのはそのラスト。観る者の心を打つ“常識を覆す漫才”には、思わず感動させられてしまいます。
 
 一方で、ストーリーそのものはかなり淡々と10年間をなぞっていく感じなので、興味を惹かれないと眠くなってしまうかも知れません。
 
 それにしても木村文乃さんの変顔は、可愛すぎて反則ですね(笑)。良くも悪くも原作が話題となった作品なので、気になった方は是非。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>