ダンケルク | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これが戦争の姿。圧倒的スケールで描かれる、真実の物語。

 

2017年9月9日公開
監督:クリストファー・ノーラン
出演:フィオン・ホワイトヘッド
マーク・ライランス
トム・ハーディ 他

 

【賛否両論チェック】
賛:過酷な戦火の中、命を助けるために奮闘した人々の姿に、戦争のむごたらしさや命の尊さを教えられるよう。重なり合う重厚なストーリーや、圧倒的なスケールでの描写も見事。
否:急な銃撃等、思わず驚いてしまうシーンも多いので、苦手な人には向かない。

 

ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン等あり
アクションシーン・・・かなりあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり

 

 

クリストファー・ノーラン監督最新作です。第二次世界大戦時、フランスのダンケルクで実際に行われた救出劇「ダイナモ作戦」を描きます。

 

 物語の舞台は、1940年のフランス。戦車や航空機によって電撃戦を展開したドイツ軍は、イギリス・フランスを中心とする連合軍を、フランス北端の港町・ダンケルクへと追いつめ、これを包囲していました。主人公のイギリス兵、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)も、仲間達と共にダンケルク市内をさまよっていましたが、突如としてドイツ軍の銃撃が浴びせられ、仲間達は次々と撃たれて死んでいくのでした。間一髪で逃げおおせたトミーは、運よくフランス軍のバリケードへと到達し、その先にある港へと入っていきますが、そこには彼の他にも、無数の兵士達が船の到着を待っていました。しかしそれをあざ笑うかのように、空からはドイツ軍機による空爆が行われ、兵士達は次々に犠牲となっていってしまうのでした。

 

 ところ変わって、イギリス本土の港町。イギリス首相・チャーチルによって、ダンケルクに取り残された兵士達の救出作戦が発令され、港にある船は民間船も含めて、一斉に徴用されていました。しかしそんな中、小さな遊覧船の船長であるドーソン(マーク・ライランス)は、船を軍には渡さずに、自ら救出に向かうことを決意。2人の息子達を乗せると、すぐに船を出航させるのでした。さらにところ変わって、ドーバー海峡上空。イギリス軍の3機の戦闘機が、救出作戦を援護するためにダンケルクへと向かっていました。途中、ドイツ軍機との戦闘で、隊長が乗った機が墜落してしまいますが、パイロットのファリア(トム・ハーディ)は2機でダンケルクへと再び向かうことを決めるのでした。

 

 ダンケルクに着いたトミーは、浜辺で遺体を埋めていた兵士・アレックス(ハリー・スタイルズ)と出逢いますが、そんな2人の頭の中には、奇しくも同じ考えが浮かんでいました。2人は先ほどの空爆で負傷した兵士を担架に乗せると、衛生兵を装って先に船に乗ろうと画策します。兵士達を押しのけ、なんとかギリギリ船には乗れますが、ホッとしたのも束の間。すぐにバレてしまい、2人は船から降ろされてしまうのでした。それでも隙を見て桟橋の欄干に隠れたトミーとアレックス。そこでトミーは、桟橋へとやって来たイギリス軍のボルトン海軍中佐(ケネス・ブラナー)が、今回の絶望的な救出作戦について話す様子を、偶然聞いてしまうのでしたが・・・。

 

 第二次大戦下、実際に起きた救出劇。その模様が、“1週間”“1日”“1時間”という3つの時間軸が重なり合いながら、重厚に描かれていくのが印象的です。

 

 そこで浮き彫りになるのは、情け容赦ない戦争の悲惨さと同時に、自らの犠牲をいとわず、同胞を助けるために奮闘した人々の姿です。命の儚さや尊さが伝わってくるようです。

 

 さすがノーラン監督だけあって、その描写にも圧倒されます。是非劇場でご覧になってみて下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※マーク・ライランス・・・本作では、遊覧船の船長でありながら、イギリス軍の救出へと向かうドーソン役。最近の映画では、スティーブン・スピルバーグ監督作品で、冷戦時代のスパイ交換を描いた「ブリッジ・オブ・スパイ」での、拘束されたソ連のスパイ・アベル役が有名なところですが、他にもショーン・ペン主演で、元特殊部隊員の男が再び戦いに巻き込まれていく様を描いた「ザ・ガンマン」にも出演していらっしゃいます。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

 

 

<「映画の通信簿2016」発売中!!>