君の膵臓をたべたい | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「私も君も、1日の価値は一緒だよ。」
 
2017年7月28日公開
監督:月川翔
出演:浜辺美波・北村匠海・小栗旬・北川景子 他
 
【賛否両論チェック】
賛:高校生だった主人公と、不治の病でありながらも明るいヒロインとの心温まる純愛と、だからこそ光る命の儚さに、思わず感動させられる。12年後に明らかになる真実もステキ。
否:やや小説チックなセリフの言い回しや、現実味の薄いストーリーには、好き嫌いが分かれそうなところ。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 ベストセラー小説の実写映画化です。教師になった〝僕”が、12年前に出逢った少女の面影を探すうちに、彼女の本当の想いを知っていきます。主演は浜辺美波さん。
 
 高校教師になり、1年前に母校へと赴任してきた〝僕(小栗旬)”。ある日の職員会議で、図書館を老朽化により取り壊すことに決まった旨を知らされます。ところがその会議の後、僕は教頭から、図書館の蔵書の整理を頼まれてしまうのでした。その理由は、かつて僕が在学中に、図書委員として膨大な数の本を分類分けして整理した実績があったから。現役の図書委員も手伝ってくれるとのことで、僕は渋々引き受けることにし、思い出のある図書館へと足を踏み入れます。するとそこには、かつて僕が出逢った1人の少女・山内咲良(浜辺美波)の面影が残っているのでした。
 
 物語は遡り、12年前。当時高校生だった僕は、他人に関心を持てず、1人で本に向かう毎日を送っていました。そんなある日のこと、盲腸で入院していた病院で、僕は誰かが落としていった本を拾います。それは「共病文庫」と名づけられた日記で、その1ページ目には、
「私は膵臓の病気で、あと数年で死んじゃう。」
と書かれているのでした。その直後に本を拾いに来たのが、当時僕の同級生でもあった山内咲良。しかし秘密を知られたのにも関わらず、全く動揺する素振りを見せない咲良に、僕は不思議な感覚を覚えます。そして咲良もまた、秘密を知ったのにも関わらず、いつもと変わらない僕の様子を、おかしそうに眺めているのでした。
 
 その後僕は、図書委員として蔵書の仕分けを始めるようになりますが、何故か咲良も図書委員に立候補すると、図書館で何かと僕のことを気にかけてくるのでした。始めは秘密をばらさないように見張っているのかと思った僕でしたが、どうやらそうでもない様子の咲良。そんな彼女に僕は戸惑いながらも、不思議と居心地の良さを感じるようになっていきます。そして2人は、時に咲良の親友・恭子(大友花恋)の嫉妬を買いながらも、次第に距離を縮めていくのでしたが・・・。
 
 他人に関心を持てずにいつも独りだった主人公と、そんな彼が出逢った、余命わずかであるにも関わらず、底抜けの明るさを持つヒロイン。
 
 物語の前半は、2人のどこか不思議で、それでいて思わず微笑んでしまうようなステキな恋物語が、甘酸っぱさ満点で描かれていきます。しかし後半は一転、思いもよらないやりきれなさが押し寄せると同時に、人生の儚さや尊さを改めて痛感させられます。
 
 そして本作を際立たせているのが、主人公達の“12年後”のもう1つのストーリー。ひょんなことからヒロインの面影に再会した主人公が、最後に気づかされる彼女の“本当の想い”に、観ていて胸が熱くなります。
 
 気になるラブシーンなんかもほとんどありませんので、デート向けの感動作といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※桜田通さん・・・本作では、〝僕”の高校時代の同級生・〝委員長”役。仮面ライダーNEW電王役で有名な方ですが、最近の映画では理不尽なゲームに巻き込まれる高校生達を描いた「王様ゲーム」や、未来の自分から手紙が届く「orange -オレンジ-」、就活生がブラック企業と対峙する「シュウカツ」や、恋愛オムニバス映画「全員、片想い」等に出演されています。
 
※矢本悠馬さん・・・本作では、〝僕”の高校時代の親友・〝ガム君”役。最近の映画では、広瀬すずさん主演の「ちはやふる」でのチームメート役が有名なところですが、他にも佐々木蔵之介さんと横山裕さん主演の「破門 ふたりのヤクビョーガミ」での、佐々木さん演じる桑原の弟分・セツオ役等でも出演していらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>