美女と野獣 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

違うことを恐れない。誰もが知る物語、その感動の余韻。

 

2017年4月21日公開
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン
ダン・スティーヴンス
ルーク・エヴァンス 他

 

【賛否両論チェック】
賛:ベルと野獣の孤独な心が出逢い、次第にお互いに惹かれ合っていく姿に、他人と違うことを恐れない信念が感じられ、観ていて感動させられる。
否:結末は誰もが知るところなので、新鮮味はなし。ミュージカルの好き嫌いも分かれるほか、小さい子が怖がりそうなシーンも多い。

 

ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・少しだけあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも

 

 

 誰もが知るあの不朽の名作が、実写映画化されました。主演はエマ・ワトソン。

 

 物語の舞台は、フランスのとある小さな村。そこにある城に、わがままで薄情な王子(ダン・スティーヴンス)がいました。王子は毎晩のように、綺麗な者だけを集めては宴を催しており、なんとか王子の目に止まろうと、欲深い女性達が参列しているのでした。そんなある夜のこと、招かれざる1人の醜い老婆が。一夜の宿を求めてやって来ます。老婆は宿代の代わりにと一輪のバラを差し出しますが、冷淡な王子は老婆を追い返そうとするのでした。ところが次の瞬間、老婆は美しい魔女へと変わったかと思うと、王子は彼女によって呪いをかけられてしまいます。参列者達が逃げ惑う中、王子の姿はみるみるうちに野獣へと変わっていき、家の者達も様々な家具へと姿を変えてしまうのでした。魔女の呪いは、
「一輪のバラが全て散るまでに、野獣が愛し愛されることを知れば、元の姿へと戻れる。もしそうでなければ、王子は永遠に野獣のままとなる。」
というもの。やがて魔女の魔法によって、王子はその城の存在もろとも、村人達の記憶から消し去られてしまうのでした。

 

 ところ変わって、村に住む少女・ベル(エマ・ワトソン)。幼い頃に母を亡くしながらも、時計職人の父・モーリス(ケビン・クライン)を献身的に支えてきたベルでしたが、結婚もせずに本に夢中で、外の世界へと憧れを抱き続ける彼女を、他の村人達は変わり者だと噂していました。そんなベルのことを一方的に好いている、戦争帰りの男・ガストン(ルーク・エヴァンス)。乱暴者ではありましたが、色男で村中の者達から一目置かれている彼は、戦友のル・フウ(ジョシュ・ギャッド)を連れ、何度となくベルの下を訪れては交際を申し込んでいましたが、ベルは粗暴なガストンに対し、嫌悪感を露わにしているのでした。

 

 ある日のこと、モーリスは出来上がった時計を届けるために、馬のフィリップが引く馬車に乗り、夜道を急いでいました。ところがその途中の山道で、落雷で倒れた木によって道を誤ってしまい、季節外れの雪とオオカミの群れに遭遇してしまいます。それでも間一髪でフィリップに助けられ、逃げおおせたモーリスは、見慣れぬ城へと迷い込むのでした。ところが城内に人気(ひとけ)はなく、そこにいたのは喋るティーカップのチップ(声:ネイサン・マック)。驚いたモーリスは逃げ出しますが、城の庭へと差しかかった時、ふとベルがお土産にバラを欲しがっていたのを思い出し、ついつい庭に咲いていたバラの花を摘もうとしてしまいます。しかし次の瞬間、そんなモーリスに向かって、野獣が襲いかかってくるのでした。

 

 一方村では、ベルがモーリスの留守を守っていましたが、やがて彼女の下へフィリップだけが逃げ帰ってきます。モーリスの身に何かが起きたことを知ったベルは、すぐにフィリップに飛び乗り、城へと案内させます。そこで彼女が出逢ったのは、言葉を話す家具達と恐ろしげな野獣、そしてそんな野獣に捕まった父・モーリスの姿でした。それを見て意を決したベルは、モーリスの身代わりとなって野獣の下にとどまることを選びます。こうしてベルと野獣の、不思議な共同生活が始まるのでしたが・・・。

 

 ストーリーそのものは、誰もが知るあの「美女と野獣」そのままです。父の身代わりに野獣の下へやって来た、村では“変わり者”と噂される少女・ベル。傲慢な野獣と最初こそギクシャクしていたものの、お互いの素朴な一面を知るうちに、次第に仲を深めていきます。

 

 そんな2人に共通しているのは、“孤独”だということ。他人と違うがゆえに距離を置かれ、どこか淋しさを抱えていた2つの魂が出逢い、惹かれ合っていく様には、深い感動が押し寄せてくるようです。

 

 小さい子が怖がりそうなシーンも結構あるので、その辺りが難点ではありそうですが、大ヒットとなった名作の実写映画化ですので、是非チェックしてみて下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※ダン・スティーヴンス・・・本作では野獣役を演じていらっしゃいます。最近の映画では「ナイト・ミュージアム エジプト王の秘密」での中世の騎士・ランスロット卿役や、「ザ・ゲスト」での戦死した友人の家族の下を訪れる謎めいた青年・デイヴィット役、そしてリーアム・ニーソン主演のサスペンス「誘拐の掟」での被害者の夫役等で出演されています。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>

 

 

<「映画の通信簿2016」発売中!!>