昼顔 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予備知識はなくても可。男女の愛憎が持つ恐ろしさ。
 
2017年6月10日公開
監督:西谷弘
出演:上戸彩・斎藤工・伊藤歩 他
 
【賛否両論チェック】
賛:再び巡り逢った主人公達の恋路の行方と、2人を取り巻く愛憎に、観ていてハラハラさせられると同時に、改めて“愛”の複雑さを痛感させられる。
否:言ってしまえば因果応報のストーリーなので、感情移入出来ないと、退屈してしまうことこの上ない。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 テレビドラマの劇場版です。不倫関係にあったかつての恋人達が再会し、運命の歯車が狂っていきます。主演は上戸彩さんと斎藤工さん。
 
 妻帯者の北野裕一郎(斎藤工)と不倫に及んでしまったために、今後一切近づかず、連絡もとらないという同意書を交わすことになった主人公・木下紗和(上戸彩)。家庭も仕事も全てを失った紗和は、誰も自分を知らない港町・三浜で、ひっそりと暮らし始めるのでした。やがて彼女は、あけすけに物を言うオーナー・杉崎(平山浩行)が経営する海辺のレストランで、働くようになります。裕一郎との間で同意書を交わしてから、実に3年の歳月が経っていました。
 
 そんなある日のこと、仕事帰りに自宅でビールを飲んでいた紗和は、届いていた広告の中に、近々開かれる“あなたのそばの不思議な生き物”という講演会のチラシを見つけ、驚きます。ホタルについての講演で招かれる予定の講師は、他ならぬ裕一郎だったのでした。行くか行くまいか、迷いに迷った紗和でしたが、結局目立たない服装で、こっそりと講演をのぞきに行くことに。ところがその最中に設けられた質問タイムで、紗和の前の席の子供達が質問に立ってしまい、裕一郎は紗和の存在に気がついてしまいます。激しい動揺を見せる裕一郎でしたが、その場はなんとか事なきを得るのでした。
 
 講演後、紗和は裕一郎が講演で話していた、
「この近くにある“三浜自然の森”に、ホタルを探しに行こうと思っている。」
という言葉を思い出し、フラッと自然の森を訪れます。しかし裕一郎の姿は見当たらず、諦めて帰りのバスに乗り込んだ紗和。するとその車窓から見えたのは、道端でホタルを探す裕一郎の姿でした。この日の出来事がきっかけとなり、2人は神様のイタズラによって禁断の再会を果たすのでしたが・・・。
 
 ドラマ版の知識は(勿論あるに越したことはありませんが)、本作のストーリーそのものは独立しているので、最悪なくても大丈夫そうです。
 
 運命のイタズラによって再会し、封印したはずの恋心が再燃してしまう紗和と裕一郎。そして、そんな紗和の過去を知ったレストランオーナーの杉崎や、裕一郎を頑なに束縛し続ける妻・乃里子と、2人取り巻く愛憎劇の行方から目が離せません。劇中、レストランの先輩従業員の女性が紗和に語る、
「女は、自分よりも幸せそうな女が1番嫌いなの。」
という言葉が、言い得て妙に感じてしまいます。
 
 あまり言うとネタバレになってしまいますので、気になった方は是非、実際にその結末をご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>