東京喰種 トーキョーグール | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

哀しすぎる世界観。本当の人間らしさを問う、怪人達の物語。

 

2017年7月29日公開
監督:萩原健太郎
出演:窪田正孝・清水富美加・鈴木伸之・大泉洋 他

 

【賛否両論チェック】
賛:自身も半喰種になったことで、喰種の真の苦悩や葛藤を知った主人公が、それを理解することなく駆除しようとする人間達との戦いに身を投じていくまでの姿に、本当の意味での人間らしさを問われるようで、思わず考えさせられる。
否:かなりグロい殺害シーンが多いので、苦手な人は観られない。設定も結構無理があるほか、CG感満載のアクションシーンも好みは分かれそう。

 

ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・かなりあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも

 

 

 人気コミックの実写映画化です。人間を喰らう怪人が紛れ込む世界を舞台に、半喰種となった青年の葛藤を描きます。主演は窪田正孝さん。

 

 物語の舞台は、人間と同じ姿をしながら、人間を喰らう怪人・喰種(グール)が暗躍する東京。政府は喰種対策局(CCG)を設立し、その掃討計画を推し進めていました。そんな東京の22区に暮らす大学生・金木研(窪田正孝)は、その日親友の永近(小笠原海)と共に、いつものように喫茶店「あんていく」に来ていました。そこへやって来る、1人の女性。実はカネキはずっと彼女のことが気になっており、永近に背中を押され、声をかけようか迷っているところなのでした。するとその時、永近が誤ってカネキの読んでいた本を落としてしまい、本はその女性の足元へ。拾ってくれた彼女・神代利世(蒼井優)もまた、その本の著者が好きだったことから、カネキとリゼはすぐに仲良くなります。数日後、2人はデートをすることになりますが、不思議とリゼは喫茶店でも何も食べようとしませんでした。その日の夜、リゼと静かな公園で歩いていたカネキは、不意に彼女に抱きつかれ、面食らいます。それでもお互いが相思相愛だと感じたカネキは心を許しますが、次の瞬間、リゼはカネキの肩口に噛みつくのでした。実はリゼの正体は喰種。叫び声をあげて逃げ惑うカネキでしたが、すぐに触手で体を貫かれてしまい、瀕死の状態になってしまいます。万事休すかと思われたその時、偶然上空に吊るされていた材木が落下し、リゼはその下敷きとなってしまうのでした。

 

 カネキが次に目を覚ますと、そこは病院のベッドの上。そのまま数日を過ごすうちに、カネキはどうやらその病院の院長が、独断でリゼの臓器を移植したため、自分が一命をとりとめたらしいということを知るのでした。やがて無事に退院したカネキでしたが、その頃から彼の体には異変が起こり始めます。永近と行ったレストランで、ハンバーグを食べようとして吐き気をもよおしたのを皮切りに、それからは何を食べても不味さしか感じられず、カネキは自室でのたうち回るしかなくなってしまうのでした。それでも空腹は容赦なく襲い続け、半狂乱の中で街をさまよっていたカネキでしたが、ようやく美味しそうな匂いに気づき、つられるままに暗い路地裏へと辿り着きます。ところがそこにいたのは、今まさに人間を喰らっている喰種の姿でした。

 

 驚くカネキでしたが、どうやらその喰種は、カネキを同類だとみなした様子で、食事を続けます。ところがその直後、自分の縄張りを荒らされることを嫌う喰種の青年・西尾錦(白石隼也)によって、その喰種は殺されてしまいます。西尾はカネキにも襲いかかりますが、間一髪で助けに入り、西尾を追い払ったのは、「あんていく」の従業員・霧嶋董香(清水富美加)でした。こうしてカネキは、あんていくが喰種の拠り所となっていることや、彼自身が臓器移植によって半分喰種となっていることを知るのでした。一方時を同じくして、CCGの真戸呉緒(大泉洋)や亜門鋼太朗(鈴木伸之)が、とある喰種一家の足取りを追って、20区へとやって来るのでしたが・・・。

 

 人肉を喰らうことでしか生きられず、街に紛れて細々と暮らす異形の者達・喰種。その喰種の獲物になりかけたことがきっかけで、半分喰種になってしまった主人公・カネキが目の当たりにするのは、時に人間を喰らうことに苦悩しながらも、人間と同じように家族や仲間を持って暮らす、喰種の真の姿でした。

 

 そんな喰種に対し、一分の理解も示すことなく、ただひたすらに憎み殺そうとする人間の姿も描かれ、果たしてどちらが人道的なのか、思わず考えさせられる部分も多いです。大泉洋さん演じる真戸が言い放つ、
「貴様らみたいな化け物が、生きたいと思うことが罪なのだ!!」
という言葉に、人間の愚かさが凝縮されているようで、思わずグサリと来ます。

 

 かなりグロテスクな描写や、CGによる戦いのシーンも満載なので、好き嫌いはハッキリと分かれそうな作品です。原作好きな方は勿論、そうでない方も、是非チェックしてみて下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※古畑星夏さん・・・本作では、清水富美加さん演じるトーカの人間の親友・小坂依子役。最近の映画では、「1/11 じゅういちぶんのいち」や「青鬼」、「近キョリ恋愛」や「L -エル-」、そして「一週間フレンズ。」等に出演していらっしゃる若手の女優さんで、「人狼ゲーム ラヴァーズ」では主演も務めていらっしゃいます。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

 

 

<「映画の通信簿2016」発売中!!>