銀魂 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

原作ファンでなくても楽しめる。破天荒な侍の激アツムービー!!
 
2017年7月14日公開
監督:福田雄一
出演:小栗旬・菅田将暉・橋本環奈 他
 
【賛否両論チェック】
賛:引き出し豊かな笑いのネタの数々に、爆笑してしまうこと請け合い。侍達の孤高な魂のぶつかり合いにも、思わず胸が熱くなる。
否:設定やストーリーがぶっ飛びすぎているので、人によっては全然面白くないかも。原作好きな人からの好みも賛否ありそう。
 
ラブシーン・・・お色気シーンが結構あり
グロシーン・・・殺害シーン等があり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 あの大人気コミックが遂に実写映画化されました。破天荒な侍・坂田銀時が、スクリーンをところ狭しと大暴れします。主演は小栗旬さん。
 
 物語の舞台は、襲来した宇宙人〝天人(あまんと)”によって支配され、おかしな歴史を辿っている江戸。天人の襲来当初、武士達は攘夷戦争として彼らと戦い、その中でも坂田銀時(小栗旬)・桂小太郎(岡田将生)・高杉晋助(堂本剛)の3人は、強者として恐れられたのでした。しかし結局江戸幕府は開国し、廃刀令によって侍はその地位も名誉も奪われてしまったのでした。そんなある日のこと、剣術道場の跡取り息子・志村新八(菅田将暉)は、ファミレスでアルバイトをしている最中、天人のチンピラ達に絡まれてしまいます。そこへ助けに入り、天人達をぶちのめしたのが、木刀を携えた銀時だったのでした。
 
 こうして銀時と出逢った新八は現在、銀時が開いているなんでも屋「万事屋(よろずや)銀ちゃん」で働いていました。そしてもう1人、宇宙最強の戦闘種族〝夜兎(やと)族”の少女・神楽(橋本環奈)もまた、訳あってよろず屋で寝泊りをしているのでした。そんな神楽は、カブトムシ採集に行きたくて仕方がありませんでしたが、銀時と新八は全く乗り気ではない様子。しかし丁度テレビで、高級なカブトムシを見つけたという特集が流れたため、現金な銀時はすぐにその気になり、3人は文字通り〝カブト狩り”に出かけるのでした。
 
 しかしいざ森へ着いてみると、そこには近藤勲(中村勘九郎)率いる真選組の姿が。彼らは将軍のペットのカブトムシが逃げてしまったため、必死でその行方を追っているのでした。するとそこへ、たまたまそのカブトムシが姿を現したため、一同は目の色を変えてこれを追いかけます。途中、居合わせた小太郎は、
「銀時・・・真選組に追われているのか。」
と勝手に勘違いし、隊士達と大立ち回りを繰り広げますが、肝心の将軍のカブトムシは、銀時の目の前で池に潜んでいた怪物に食べられてしまうのでした。
 
 銀時と小太郎は取り調べを受ける羽目になり、解放された時にはもう夜になっていました。銀時は小太郎に、
「この辺りは最近辻斬りが出るそうだから、気をつけろ。」
と忠告し、2人は分かれますが、その直後、小太郎の背後から怪しげな影が忍び寄ります。小太郎はすぐに気がつき、斬り合いになりますが、次の瞬間、辻斬りの刀が怪しく紅色に輝くと、小太郎はバッサリと斬られてしまうのでした・・・。
 
 原作の知識は不要です。ガン●ムやナ●シカ等、タブーに平然と切り込む際どさ満点のネタの数々に、思わず笑ってしまうこと必至です(笑)。個人的には、
「まーきのっ。」
がツボでした(笑)。結構下品なネタもあるので、その辺りの好き嫌いはあるかも知れません。
 
 とはいうものの決して笑いだけではなく、道を違えてしまったかつての同志達の、ド迫力のアクションも魅力の1つです。大切なものを守ろうとする銀時の剣と、自分を拒んだ世界をただただ壊そうとする高杉晋助の剣。その2つの魂が一大スケールのアクションシーンの中で相まみえる瞬間に、要注目です。
 
 原作ファンの評価も分かれそうですが、この夏必見のエンターテイメント・ムービーです。是非ご覧下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※吉沢亮さん・・・本作では、真選組の一番隊隊長・沖田総悟役。「仮面ライダーフォーゼ」での仮面ライダーメテオ役で有名になった方で、最近の映画では「オオカミ少女と黒王子」での同級生役や、「さらばあぶない刑事」でユージがかつて更生させた青年役、「ラストコップ THE MOVIE」でのAIの研究者役等で出演されています。山崎賢人さん主演の「斉木楠雄のΨ難」にも登場するそうなので、そちらにも要注目です。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>