パトリオット・デイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

テロが奪ったものと奪えなかったもの。凄惨な事件の裏にあった真実。

 

2017年6月9日公開
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ
ケヴィン・ベーコン
ジョン・グッドマン 他

 

【賛否両論チェック】
賛:実際に起きた事件の発生から解決までを、淡々とした描写の中で映し出す様子に、人々の意志の強さや団結力が垣間見えるのが印象的。アクションも重厚。
否:手足の切断等、かなりグロいシーンが多いので、苦手な人には向かない。

 

ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも

 

 

 2013年に起きたボストンマラソンでのテロ事件と、その解決までの一部始終を描いたサスペンスです。主演はマーク・ウォールバーグ。

 

 2013年4月14日。行きすぎた行動で捜査から外されていた、ボストン市警殺人課の刑事のトミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)は、制服警官達と共に、障害事件の容疑者の家に突入したところでした。容疑者は難なく逮捕されますが、トミーはドアを蹴破る際に、脚の古傷を痛めてしまいます。その後現場には、珍しく署長のエド・デイヴィス(ジョン・グッドマン)も訪れ、翌日に控えたボストンマラソンの警備に就く予定のトミーを労うのでした。

 

 時を同じくして、ボストンの街には様々な想いを抱えた人々が、それぞれの生活を営んでいました。仲睦まじい恋人同士のジェシカとパトリックや、マサチューセッツ工科大学のリーに想いを馳せる警官のショーン、慣れない土地で生活を続ける中国人の青年のダン・マン。しかし、そんな彼らが暮らす街のとある一軒家では、タメルランとジョハルの兄弟が、不気味な計画を進めているのでした。

 

 かくして迎えた4月15日。妻のキャロル(ミシェル・モナハン)との別れもそこそこに、久しぶりの制服に着替え、トミーはボストンマラソンのゴール地点へと出勤します。顔馴染みの警官達から嫌みを言われながらも、淡々と警備をこなすトミーでしたが、一方レースの方は、トップ選手達が次々とゴールし、観客の賑わいも最高潮に。そこにはジェシカとパトリックや、トミーに膝のサポーターを届けに来たキャロルの姿もありました。ところが次の瞬間、路上で立て続けに2回の爆発が起こり、現場は一瞬にして阿鼻叫喚の戦場へと変わってしまうのでした・・・。

 

 冒頭は、何気ない日常がまるで群像劇のように描かれ、その人々の日常が非情なテロによって突然破壊されてしまう様子に、思わず言葉を失います。

 

 そしてそんな凶悪な事件を目の当たりにし、解決を胸に誓った主人公達捜査関係者の奮闘や、思いもよらぬ展開を見せる事件の顛末が、緊迫のアクションと共に描かれていくのも、また印象に残ります。個人的には、町を知り尽くすトミーが監視カメラの映像を基に、犯人の足取りを的確に言い当てるシーンが、驚きでした。

 

 結構グロテスクなシーンもあるので、好みは分かれるかも知れませんが、決して忘れてはいけない事件の真実を、是非ご覧下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※J・K・シモンズ・・・本作では、ウォータータウン署のジェフ・ピュジリーズ巡査部長役。最近の映画では、何といっても「セッション」での鬼教官役が有名なところですが、他にも「ターミネーター:新起動 ジェニシス」での刑事役や、「ザ・コンサルタント」での財務省の局長役、そして「ラ・ラ・ランド」でのレストランのオーナー役でも出演されています。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

 

 

<「映画の通信簿2016」発売中!!>