忍びの国 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

好みは真っ二つか。スタイリッシュすぎる時代劇!!

 

2017年7月1日公開
監督:中村義洋
出演:大野智・石原さとみ・鈴木亮平・知念侑李 他

 

【賛否両論チェック】
賛:歴史上唯一の侍と忍者との戦いを、決して善悪二元論ではなく、それぞれの立場からの人間模様を描いているのが、思わず考えさせられる。スタイリッシュなアクションの数々にも要注目。
否:アクションシーンで急にコミカルになる等、演出が斬新すぎるので、好みは分かれそう。

 

ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンが多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも

 

 

 和田竜さんの歴史小説の実写映画化です。実際に起きた天正伊賀の乱を描きます。主演は大野智さん。

 

 物語の舞台は、戦国時代の小国・伊賀。国内では〝伊賀者”と呼ばれる忍者達の、家同士の小競り合いが繰り返されていました。その日も今まさに、百地三太夫(立川談春)率いる百地家が、下山甲斐(でんでん)率いる下山家に攻め入ろうとしているところでした。しかし、気配を消して隠れることを得意とする下山家の待ち伏せに遭ってしまい、百地家は苦戦を強いられます。するとその時、下山家の領内にどこからか白煙が立ち込めたかと思うと、1つの影があっという間に門を破壊してしまうのでした。その陰こそが、伊賀最強の忍びと謳われる男・無門(大野智)でした。

 

 金の入らない内々の争いに興味のない無門は、門を壊して役割は終わったとばかりに帰ろうとしますが、そんな無門に三太夫は、甲斐の次男・次郎兵衛(満島真之介)を討つように指示。交渉の末、無門は百貫文でその依頼を受けることにするのでした。再び下山家の陣に姿を現した無門は、次郎兵衛と“川”と呼ばれる果たし合いをすることになりますが、結果は無門の圧勝で、無門は難なく次郎兵衛を殺害し、去っていきます。その様子を間近で見ていた次郎兵衛の兄・平兵衛(鈴木亮平)は、実の弟を殺された怒りに震えますが、息子を殺されたはずの甲斐は、下忍の1人にすぎない次郎兵衛の死には、何の感傷も抱きません。そんな父の姿を見た平兵衛は、改めて伊賀者達が、人を人とも思わない〝人でなし”〝虎狼の輩”と呼ばれている者達であることを思い知らされるのでした。

 

 ところ変わって、隣国の伊勢。織田信長の勢力はとどまるところを知らず、伊勢を治める北畠家に、息子の信雄(知念侑李)を婿養子として迎え入れさせていました。やがて信雄は、元当主の北畠具教(國村隼)の下へ押しかけると、「それ1つで国が建つ」といわれる名茶器・小茄子を出させようとしますが、具教はそんな信雄を愚弄するかのように、小茄子を目の前で破壊してしまいます。激怒した信雄は、具教の元家臣である日置大膳(伊勢谷友介)と長野左京亮(マキタスポーツ)に、具教を討つように指示。2人は泣く泣く具教を手打ちにするのでした。

 

 一方、そんな織田家の勢いは、伊賀の十二家評定衆の会議でも、危惧されるところとなっていました。三太夫らの提案で、敵意のないことを告げるための使者を送ることになり、平兵衛達が使わされることになりますが、その直後、送られたはずの使者が瀕死の重傷を負って帰ってきます。彼が息も絶え絶えに告げたのは、平兵衛の裏切りでした。その後織田家に捕まり、信雄の御前に引っ張り出された平兵衛は、伊賀攻めを進言。元々伊賀攻めは信長からも禁じられており、大膳も「弱い者を攻める無意味な戦い」だとして反対しますが、平兵衛の言葉に感化された信雄は、伊賀を攻めることを決意してしまうのでした・・・。

 

 嵐の大野智さん主演ということで、話題になっていた作品ですが、作風もそれに違わず、実際に起きた「天正伊賀の乱」を、かなりスタイリッシュなアクションで描いています。

 

 圧倒的な力を誇る織田家に対し、良くも悪くも金でしか動くことのない忍び達。“人でなし”“虎狼の輩”とも揶揄される彼らの中にあって、自身もそうであった主人公・無門が、愛する妻・お国を守るために奮闘する様は、不思議と感動を誘います。決して「伊賀=善」「織田=悪」といった描き方をしていないのも、両者に関わる人々の姿を深く考えさせられるので、イイですね。

 

 アクションシーンがかなりコミカルだったり、それに相反するような意外と哀しいストーリーに、好き嫌いは分かれるような気もしますが、この夏の話題を是非劇場でご覧になってみて下さい。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

 

 

<「映画の通信簿2016」発売中!!>