めがみさま | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「・・・で、あんたはどうしたいの?」
 
2017年6月10日公開
監督:永江二朗
出演:松井玲奈・新川優愛 他
 
【賛否両論チェック】
賛:前半は、孤独で追いつめられていたヒロインが、自分に正直に生きるセラピストとの出逢いを通して、少しずつ変わっていく様子に感動させられる。後半は一転して、次第に限界が見えてきたセラピーの考え方や、段々と崩れていくヒロイン達の関係性に、他人との関わり合いの中で生きる重要性を再認識させられる。
否:展開はかなり強引で、かつこじんまりと収まってしまった感が否めない。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 居場所をなくしたヒロインが、1人のセラピストとの出逢いを通して、少しずつ変わっていきます。主演は松井玲奈さんと新川優愛さん。
 
 主人公の佐倉理華(松井玲奈)は、田舎町の小さな病院に勤めるスタッフ。しかし思ったことを口に出来ず、他人と親しくなれない性格の彼女は、職場でも浮いた存在で、同僚の高鷲(片山萌美)達からは疎まれていました。自宅でも、片親の母・市絵(筒井真理子)は理華の気持ちに理解がなく、
「しっかりしなさい!!」
と叱られてばかり。そんな理華はいつからか、精神安定剤が手放せなくなっているのでした。
 
 ある時、高鷲が持っていたファッション誌をたまたま手にとった理華は、そこに流行のキレイな服を見かけます。雑誌はすぐに高鷲に奪い返されてしまいますが、その後の休日、理華は町の人気店で偶然その服を見つけるのでした。自分に自信が持てない理華は、迷った末に服を戻そうとしますが、そんな彼女に1人の女性が声をかけてきます。その女性こそが、理華の人生を大きく変えるきっかけとなる女性・ラブ(新川優愛)でした。理華はラブに勧められるままに、服を買うことにしますが、ラブはすぐに姿を消してしまいます。それでも新しい服に身を包んで出勤した理華は、服に合わせて自分が変われることに、ほのかな期待を抱いていたのでした。
 
 ところが夕方、理華は泣きながら家路に着いていました。出勤直後、理華の服を見た高鷲は激昂。
「あんたのせいであの店の服が売り切れて、私が買えなかった!!どういうつもり!?」
と八つ当たりした高鷲は、その後医院のレジから3万円を盗むと、理華のロッカーへと放り込みます。日頃から高鷲達を可愛がっていた院長は、
「理華がレジからお金を盗んで、ロッカーに入れるのを見た。」
という高鷲の証言を鵜呑みにしたため、理華は理不尽にも解雇されてしまったのでした。しかし家へと帰っても、待っているのは理解のない市絵の暴言。
「あんたなんか、産まなきゃよかった・・・」
という市絵の言葉に、理華は自室へと駆け込むと、精神安定剤を多量に服用するのでした。
 
 夜中に目が覚めた理華。半ば呆然としたまま、パソコンで「死にたい」と検索していた彼女は、とあるセラピストのホームページへと辿り着きます。そのセラピストこそが、あのラブだったのでした。理華は迷うことなく、藁にもすがる想いでラブと再会します。一通り理華の話を聞いたラブは、
「・・・で、本当はどう思ってる?」
と、理華の本心を聞き出します。
「・・・仕返ししてやりたい。」
という理華の言葉を聞いたラブは、彼女を連れて医院の近くのコンビニで待ち伏せ、昼食を買いにやって来た高鷲に、万引きの濡れ衣を着せるのでした。そんなラブの正直な生き方に心惹かれた理華は、その後ラブとルームシェアをしながら、彼女が開くセミナーの手伝いをすることになるのでしたが・・・。
 
 自分の居場所がなく、精神的に追いつめられた理華が出逢った、不思議な魅力を持つセラピスト・ラブ。前半は、
「・・・で、あんたはどうしたいの?」
と、我慢をせずに自分の感じたままに生き、それを提唱するラブに、死ぬことを考えてやまなかった理華達が救われていく様子が、思わずグッとくるようなセリフ満載で描かれていきます。
 
 しかしやがて、セラピーの考え方のままに行動する者達が、次第に暴走していく姿を通して、「社会の中で生きること」の難しさや大切さも、訴えかけているようです。そして無二の相棒だったはずの理華とラブの間にも、ほのかな亀裂が走っていく様も、また切なさが残ります。個人的には、「自分に正直に生きる」と「自分は我慢しない」をイコールで考えてしまったところが、ラブのセラピーの限界だったのかなと感じました。自分と正直に向き合った結果なら、「我慢したいから我慢する」っていう選択肢もあるはずですしね。
 
 思わず感動させられつつも、自分自身が他人との関わりの中で生きていることを改めて痛感させられるような、そんな不思議な作品に仕上がっています。
 
 それにしても新川優愛さん、目力がハンパないですね(笑)。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※片山萌美さん・・・本作では、主人公の理華に嫌がらせをしていた同僚・高鷲役。最近の映画では、因習に支配された村で起こる惨劇を描いた「劇場版 屍囚獄 起ノ篇・結ノ篇」で、主演を務めていらっしゃいます。
 
※鈴木ちなみさん・・・本作では、ショップ店員役で友情出演されています。最近の映画では「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」や、「犬とあなたの物語 いぬのえいが」、そして本田翼さん主演の「FASHION STORY Model」等にも出演していらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>