トモダチゲーム 劇場版 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

痛快な終盤。不気味なゲームで身につまされる、信じることの難しさ。
 
2017年6月3日公開
監督:永江二朗
出演:吉沢亮・内田理央・山田裕貴 他
 
【賛否両論チェック】
賛:巻き込まれたゲームの中で疑心暗鬼となりながらも、驚がくの一手を見せる主人公達の姿が、非常に痛快。若手注目俳優達の競演も魅力。
否:設定にかなり無理があるほか、ゲームのルールも複雑なので、追うのが大変そう。テレビ版の知識もあった方がイイ。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 人気コミックの実写映画化の、テレビ版からの続編です。友情を試される、理不尽なゲームに巻き込まれた高校生達を描きます。主演は吉沢亮さん。
 
 物語は、テレビ版で行われた「第1ゲーム」までを、トモダチゲームの運営側である水瀬マリア(上野優華)が解説してくれるところから始まります。高校の修学旅行費200万円が紛失したことが発端となり、突然拉致された高校の同級生同士、片切友一(吉沢亮)・沢良宜志法(内田理央)・美笠天智(山田裕貴)・四部誠(大倉士門)・心木ゆとり(根元凪)の5人。彼らは誰かが2000万円の借金を背負って、「トモダチゲーム」にエントリーしたことを知り、強制的にこのゲームへの参加を余儀なくされてしまいます。なんとか第1ゲームを全員でクリアしたものの、同時に彼らは5人の中の誰かが、裏切り者であることを知ってしまうのでした。
 
 5人が目を覚ますと、そこはどこかの学校の屋上でした。やがてやって来たマスコット・マナブくん(声:天月-あまつき-)によって、第2ゲームの「陰口すごろく」が開始されます。毎回ピリオドごとに、5人が順番にボックスの中へと入り、“陰口ペーパー”に他の人間の秘密を記入して投票。発表された後に、視聴者からの得票結果を集計し、より多く得票した者が、沢山コマを進めるというもの。しかしゴールしてしまうと、そこに待ち受けるのは恐怖の第3ゲームで、ゴールした者以外は、賞金をもらえてゲームから解放されるとのことでした。
 
 本来のゲームの趣旨は、
「ムカつく奴の秘密を暴露して先にゴールさせ、地獄へ突き落とすこと。」
でしたが、皆で白紙投票を続ければ、確実に全員で1マスずつ進むため、全員揃ってゴールとなるはずでした。このため友一達は、全員での白紙投票を提案し、第2ピリオドまでは順調に進みます。ところが、1マス目は
「10万円の借金。」
2マス目は
「50万円の借金。」
と、実際のすごろく同様に、全員の借金が増えていってしまうのでした。これに動揺したのか、第3ピリオドで遂に“陰口”が投票され、志法が5マス先へと進んでしまいます。しかしその時、友一は皆を集めると、
「このゲームの攻略法が分かった。」
と言い放つのでした・・・。
 
 一応冒頭であらすじを説明はしてくれますが、やはり細々とした背景なんかが分かりにくいので、テレビ版の知識はあった方がよさそうです。
 
 雰囲気としては、どことなく「ライアーゲーム」の様相に近い感じでしょうか。突如として、理不尽なゲームに巻き込まれた主人公達。お互いを信じれば乗り切れるはずのゲームが、1人の裏切りから疑心暗鬼に陥り、混沌としていく様が、ともすれば単調になりがちなゲームの描写の中で、絶妙なアクセントになっていきます。
 
 そしてそんなゲーム終盤、追い込まれた主人公がしかける一手は、まさに痛快そのものです。あまり言うとネタバレになってしまいますので、詳しくは是非実際にお確かめ下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※吉沢亮さん・・・本作では、主人公の友一役。「仮面ライダーフォーゼ」での仮面ライダーメテオ役で有名になった方で、最近の映画では「オオカミ少女と黒王子」での同級生役や、「ラストコップ THE MOVIE」でのAIの研究者役等で出演されています。小栗旬さん主演で実写映画化される「銀魂」や、山崎賢人さん主演の「斉木楠雄のΨ難」にも登場するそうなので、そちらにも要注目です。
 
※内田理央さん・・・本作では、ヒロインの志法役。「仮面ライダードライブ」でのヒロイン役で有名な女優さんで、最近の映画では、スプラッター映画「血まみれスケバンチェーンソー」で、主人公のスケバン・鋸村ギーコ役を好演していらっしゃるほか、千葉雄大さん・竜星涼さん主演の「Mr.マックスマン」「Bros.マックスマン」にも出演されています。
 
※山田裕貴さん・・・本作では、頭脳派の天智役。「海賊戦隊ゴーカイジャー」で有名になった方で、最近の映画では「ライヴ」での主演や、「HiGH & LOW THE MOVIE」での鬼邪高校のトップ・村山役が有名ですが、他にも「ストロボ・エッジ」や「オオカミ少女と黒王子」、「ふきげんな過去」や「闇金ウシジマくんPart3」、そして「青空エール」や「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」等にも出演していらっしゃいます。
 
※大倉士門さん・・・本作では、お調子者の誠役。最近の映画では、人気少女コミックの実写映画化「イタズラなKiss THE MOVIE」シリーズでの、ヒロイン・琴子の幼馴染み・金之助役でも出演されています。
 
※根元凪さん・・・本作では、元イジメられっ子のゆとり役。アイドルグループ「虹のコンキスタドール」の方で、最近の映画ではゾンビウィルスで崩壊した世界を舞台に、隔離された学校生活を送る女子高生達を描いた「聖(セント)ゾンビ女学院」にも出演していらっしゃいます。
 
※上野優華さん・・・本作では、運営側の水瀬マリア役。最近の映画では、主題歌も歌っている「1/11 じゅういちぶんのいち」や、ホラー映画の「心霊写真部 劇場版」「ヴァンパイア ナイト」、復讐が合法化された島でのサバイバルを描いた「復讐したい」や、人気コミックの実写化「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」、そして行き詰まった子役と小さな劇団との出逢いを描いた「はらはらなのか。」等にも出演していらっしゃいます。ちなみに本作では、エンディングテーマの「友達ごっこ」も歌っていらっしゃいますね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>