スプリット | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

怪演に脱帽。息詰まる攻防と、恐ろしき真相。
 
2017年5月12日公開
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ジェームズ・マカヴォイ
アニヤ・テイラー=ジョイ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ジェームズ・マカヴォイの怪演が見事で、圧倒される。少女達との息詰まる攻防にも、観ていてハラハラさせられること必至。
否:どうしても“なんで?”の疑問はかなり残る。グロいシーンも結構多いので、苦手な人には向かないか。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり
 
 
 M・ナイト・シャマラン監督最新作です。23人もの人格を持つ不気味な男に誘拐された、3人の女子高生を待つ恐怖を描きます。主演はジェームズ・マカヴォイ。
 
 ショッピングモールのフードコートで、同級生達に誕生日を祝ってもらっている、女子高生のクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)。その中でただ1人、誰とも話さずに座っている少女・ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)の姿がありました。そもそもクレアが彼女も呼んだのは、
「1人だけ呼ばなかったら、後でSNSでイジめられるから。」
という同情からで、そんなケイシーは学校でも問題児で、いつも居残りばかりさせられているのでした。
 
 やがて帰宅時間が近づき、クレアの父親が車で迎えに来ますが、父親の発案で、車にはクレアとその親友のマルシア(ジェシカ・スーラ)に加え、ケイシーも乗せることになります。ところがクレア達を先に乗せ、トランクに荷物を入れていた父親に、怪しげな影が近づきます。次の瞬間、運転席に乗ってきたのは、見知らぬ青年・ケビン(ジェームズ・マカヴォイ)。
「車を間違えてるわよ!!」
というクレアの言葉に、ケビンは突然催眠スプレーを噴射。3人は呆気なく眠らされてしまうのでした。
 
 次にケイシー達が目を覚ますと、そこは見知らぬ地下室の中。どうやら彼女達は、ケビンによって誘拐されてしまったようでした。事実、ケイシー達の誘拐はニュースでも大々的に報じられていましたが、ケビンは彼女達を閉じ込めた後、どこかへと出かけていきます。やって来た先は、精神医学の権威・フレッチャー(ベティ・バックリー)のところでした。やがて戻ってきたケビンの声を聞いていたケイシー達は、彼が何やら女性と会話をしているのを聞きつけ、彼女に助けを求めます。ところが、入ってきたその“女性”を見た3人は唖然。そこにいたのは、女性物の洋服を着たケビンでした。実はケビンは、その内面に23人もの人格を宿した、類まれな解離性同一性障害だったのでした・・・。
 
 まずは何といっても、ジェームズ・マカヴォイの怪演が圧巻です。何人もの人格を巧みに演じ分けていて、かつそのどれもが不気味で影のある感じが、物語を非常に怖いものに際立たせています。
 
 そんな不気味な男に誘拐された女子高生。その中で1人異彩を放つ少女・ケイシーの、淡々と隙をうかがうような様子もまた、
「次は・・・どうするの?」
と、観ていてハラハラさせられます。
 
 ただやはり、どうしても
「結局・・・なんで?」
という疑問は、色々残りそうです。また、後半に進むにつれてかなりグロいシーンも増えてくるので、苦手な人には不向きかも知れません。とはいえ、人智を超えるような不気味な世界観を、是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売開始!!>