ラストコップ THE MOVIE | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

コメディなのに感動も。振り切ったバディ・ムービー!!
 
2017年5月3日公開
監督:猪股隆一
出演:唐沢寿明・窪田正孝・佐々木希 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ドラマ版の知識は、最悪なくても大丈夫。対照的な2人の刑事が、ハチャメチャな活躍で事件を解決していく様が、非常に痛快。家族との絆を訴える感動的な内容もステキ。
否:ストーリーはかなり荒唐無稽なので、現実味はない。本格派の刑事ドラマ好きには不向きか。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・暴力シーンが多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし
 
 
 ドイツの人気ドラマをリメイクした刑事ドラマ、その劇場版です。主演は唐沢寿明さんと窪田正孝さん。
 
 物語の主人公は、横浜中央警察署の刑事、京極浩介(唐沢寿明)と望月亮太(窪田正孝)。30年の昏睡状態から目覚めた、昭和生まれの熱血漢・京極は、平成生まれの草食系男子・望月と、事あるごとにぶつかり合いながらも、次第に深い絆で結ばれてきたのでした。今回はそんな2人が、大の刑事ドラママニアの神奈川県警本部長・神野(小日向文世)の勝手な希望で制作された県警のPRムービーに、2人のライバルでもある県警のエリート、松浦(藤木直人)と若山(竹内涼真)と共に出演し、武装集団を相手に大立ち回りを演じるところから始まります。
 
 そんなある日のこと。横浜中央署を、人工知能を研究している西園寺(加藤雅也)達が訪れます。西園寺が連れてきたのは、あの“ふなっしー”をモデルに作られた人工知能のブレイン・なっしー、通称“ぶなっしー(声:出川哲朗)”でした。研究所にあるマザーコンピューター「コスモス」と繋がっている彼は、日々進化を続けているとのことでしたが、そんな彼を京極は鼻で笑います。西園寺の助手・藤崎(吉沢亮)は、人工知能を認めようとしない京極に不快感を露にしますが、そんな折に管内で引ったくり事件が発生。捜査対決として、京極&望月コンビとぶなっしーで、
「どちらが先に犯人を検挙するか?」
を競うことになります。ぶなっしーサイドには、捜査経験のない菜々子(桜井日奈子)・美咲(武田玲奈)・栞(伊藤沙莉)の3人がつきますが、結果は過去の捜査データから犯人の行動パターンを予測し、最も確率の高い検挙方法を選んだぶなっしーの圧勝でした。
 
 その後もデータ収集を兼ねて、ぶなっしーと行動を共にする京極と望月でしたが、京極は彼の娘で警察官の結衣(佐々木希)と、望月との相性を勝手に分析しようとするぶなっしーを蹴り飛ばし、壊してしまう等、相変わらずの破天荒ぶりを見せます。しかし一方でその身体は、毛細血管の一部が機能しなくなるほどのダメージを受けており、その命の期限は刻一刻と迫りつつあるのでした。そんな中、慎重に人工知能の研究を進めようとする西園寺に反発を強めていた藤崎が、国際テロ組織と結託。人工知能を暴走させるべく、コスモスを奪ってしまうのでした・・・。
 
 最初に全て解説してくれるので、ドラマ版の知識はなくても大丈夫そうです。昭和を絵に描いたような熱血漢の京極浩介と、現代っ子でクールな望月亮太の超デコボココンビが、今回は人工知能の“ぶなっしー”を巻き込んで、最後にはテロリストをも相手にドタバタ劇を繰り広げます。
 
 そんなかなりブッ飛んだストーリーの中でも光るのは、ドラマ版でも事あるごとに描かれてきた、実の娘・結衣や、元妻の加奈子との物語です。浩介の身体がもうボロボロだと知った時、彼女達や亮太がどんな想いでどんな決断を下すのか、油断していると感動的なストーリーに引き込まれていきます。
 
 ラストも
「そう来ましたか!!」
という感じなので、ドラマ版のファンの方もそうでない方も、是非チェックしてみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※竹内涼真さん・・・本作では、県警本部の残念なイケメン刑事・若山役。「仮面ライダードライブ」での主演で有名な方で、最近の映画では「青空エール」での野球部員役や、「帝一の國」での正義感溢れる役どころを演じていらっしゃます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売中!!>