帝一の國 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

クセになるストーリー。破天荒に描かれる政界の縮図。
 
2017年4月29日公開
監督:永井聡
出演:菅田将暉・野村周平・竹内涼真 他
 
【賛否両論チェック】
賛:野望を秘めた主人公が、あらゆる策略で生徒会長を目指して奔走する様が、非常に痛快で面白い。人気若手俳優の方々が演じる、個性豊かなキャラクターのオンパレードからも、目が離せない。
否:ストーリーそのものはかなり荒唐無稽なので、現実感はまるでない。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・ほんの少しだけあり
怖シーン・・・基本的にはなし
 
 
 人気コミックの実写映画化です。総理大臣を目指す主人公が、名門高校の生徒会長の座を巡り、バトルを繰り広げます。主演は菅田将暉さん。
 
 主人公は、高校1年生になった赤場帝一(菅田将暉)。通商産業省の官僚である父・赤場譲介(吉田鋼太郎)から厳しい教育を受けてきた彼には、
「総理大臣になって、自分の国を作る。」
という、大きな野望がありました。そのために彼は、超エリート校である海帝高校へ、トップの成績で進学。海帝高校の生徒会長は、政界に〝海帝高校生徒会長会”という派閥があるほど強いパイプがあり、ひとたび生徒会長になれば、その将来は約束されたも同然でした。そこで帝一は、何よりもこの高校の生徒会長になることを心に決め、入学式では早速、新入生代表の挨拶をするのでした。
 
 生徒会長になるためには、まずは生徒会に入ることが絶対条件であり、そのためには各クラス1名ずつ選ばれる〝ルーム長”にならなければなりませんでしたが、帝一は譲介による多額の寄付金という追い風もあって、難なくルーム長に選ばれます。その後彼は副ルーム長に、幼馴染みでメカに強い榊原光明(志尊淳)を任命するのでした。光明の作った盗聴器によって、早速職員室の会議の模様を盗聴する帝一。そんな彼に絡んできたのは、隣りのクラスのルーム長で、かつて帝一をイジめていた東郷菊馬(野村周平)でした。実は東郷の父・卯三郎も政治家(通商産業省の事務次官)で、譲介とは犬猿の仲。常に
「赤場のせがれにだけは絶対に負けるな!!」
と厳しく育てられてきた東郷は、何かにつけて帝一を目の敵にしてきました。そんな東郷は再び帝一を痛めつけようとしてきますが、そんな彼を6組のルーム長・大鷹弾(竹内涼真)が追い払ってくれるのでした。
 
 外部生としては異例のルーム長となった大鷹弾。その人の良さと人望の厚さに、帝一と光明は探りを入れることに。下校途中の弾の後をつけますが、すぐに気づかれてしまい、逆に家へと招かれることになります。父親が早くに亡くなった弾の家は貧しく、母親が1日中働きに出ているため、自ら幼い4人の子供の世話をしているという弾。そんな彼の人柄に圧倒された帝一は、弾と勝手にテストの点数勝負をすることにし、担任の弱味につけこんで、外部生用の入試問題と弾の答案を入手します。徹夜で問題を解き、譲介に採点をしてもらった結果、わずか2点という僅差で、帝一が勝利を収めるのでした。
 
 一方、この年の生徒会では、次期生徒会長争いが激しくなっていました。有力候補は、戦術に長けた森園億人(千葉雄大)と、絶対的権力を持つ氷室ローランド(間宮祥太朗)の2人。今年のうちにどの派閥に属しておくかで、翌年の会長選挙が決まってしまいかねないため、帝一と光明は会議中にも品定めに余念がありません。結果、現会長の堂山圭吾(木村了)の選挙戦時に暗躍した氷室が優位と睨んだ帝一は、尻尾を振って氷室へと近づいていくのでしたが・・・。
 
 生徒会長経験者が政界でのし上がっていくという、奇想天外な名門校を舞台に、
「総理大臣になって、自分の国を作る!!」
という野望を胸に秘めた主人公が、様々な策略を駆使して、生徒会長を目指していく様が、痛快に描かれていくのが印象的です。
 
 また、そんな主人公を取り巻くライバル達の、個性が強すぎるキャラクターの数々も、本作を彩る魅力の1つ。親の代からの宿敵・東郷は勿論、どこまでも真っ直ぐな熱血漢・大鷹弾や、氷室ローランドを始めとする異色の先輩達、そして永遠の相棒・光明等々、一癖も二癖もある登場人物達が、主人公を巻き込んでハチャメチャな選挙戦を繰り広げていきます。人気若手俳優陣の怪演・奇演が光ります。
 
 世界観を含め、やや好みが分かれそうな作品ではありますが、気になった方は是非チェックしてみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※岡山天音さん・・・本作では、竹内涼真さん演じる大鷹弾の相棒・佐々木洋介役。最近の映画では、彰義隊の悲劇を描いた「合葬」や、大人になる事を拒んだ少年達の「ライチ☆光クラブ」、中島健人さん主演の「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、マルチアングルで描かれるホラー「ドロメ 女子篇」「ドロメ 男子篇」、暴力に走る少年たちを描いた「ディストラクション・ベイビーズ」や、恋愛小説の実写映画化「僕らのごはんは明日で待ってる」等に出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売開始!!>