モアナと伝説の海 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

小さい子には怖いかも?本当の自分を知る、冒険ファンタジー!!
 
2017年3月10日公開
監督:ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
出演(声):アウリー・クラバーリョ
ドウェイン・ジョンソン
/屋比久知奈・尾上松也 他
 
【賛否両論チェック】
賛:使命に従うだけだった主人公が、自らの情熱で運命に抗い、やがて本当の自分を知っていく姿が、痛快な中にも感動的に描かれていく。
否:小さい子がかなり怖がりそうなシーンが多いので、意外と家族サービスには向かないかも。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・小さい子には怖そうなシーンがかなりあり
 
 
 ディズニーアニメ・最新作です。海に選ばれた少女・モアナが、島の危機を救う冒険の旅へと出ます。
 
 まずは冒頭に、短編アニメーション「インナー・ワーキング」が入ります。主人公の会社員の体内の臓器を擬人化して、脳を中心とした彼らが平凡な毎日を変えていく様子が、ユーモラスに描かれていきます。
 
 始まりははるか昔。海の女神テ・フィティによって、人間を始め様々な命が生み出され、世界は喜びに満ち溢れていました。しかしそんな時、神の釣り針によって姿を自在に変えられる男・マウイが、〝テ・フィティの心”を盗んでしまいます。すると次第に闇が世界を飲み込み始め、心を奪ったマウイもまた、溶岩によって生まれた巨人・カカァによって倒されてしまい、テ・フィティの心は海の底深くへと沈んで行ってしまうのでした。
 
 ・・・と、海にまつわる昔話を島の子供達に語る、タラおばあちゃん(声:レイチェル・ハウス/夏木マリ)の姿がありました。幼い子供達は皆泣き出してしまいますが、ただ1人、村長(むらおさ)の娘・モアナだけは、お話に興味を示すのでした。その後1人抜け出して、砂浜へとやって来たモアナは、鳥達に襲われそうになっている子亀を助け、海中へと連れていきます。するとその直後、不思議と海が動き、キレイな貝殻が姿を現します。喜ぶモアナに、海はまるで意思を持っているかのように動き続け、モアナの遊び相手になるのでした。海はやがて、1つの輝く石をモアナに差し出そうとしますが、父親の村長・トゥイの声が聞こえたため、海は慌ててモアナを浜へと帰し、その石はそのまま海の中に沈んだままに。その石こそが、あの伝説のテ・フィティの心だったのですが、そんなことはモアナはまだ知る由もありませんでした。
 
 やがて時は流れ、16歳になったモアナ。この頃になると、彼女には自分の島・モトゥヌイの長の娘としての自覚が芽生え始めますが、同時に海への憧れも捨てきれずにいました。そんな折、島に事件が起こります。島での生活の必需品であるココナツの樹が枯れ始めてしまい、海では魚も獲れなくなってしまったのでした。村の危機を察したモアナは、サンゴ礁の向こう側に出ていくことを主張しますが、サンゴ礁を越えることは掟で固く禁じられていたため、トゥイは頑として許しません。憤るモアナでしたが、そんな彼女の海への想いを知っているタラおばあちゃんは、その夜モアナを連れて、島にある岩山へと向かいます。その滝壺の奥には、かつてモトゥヌイの先祖達が大海原を航海していた時代の船が、沢山隠されているのでした・・・。
 
 小さな島の長の娘として生まれ、その責任を受け入れようとしながらも、一方では海の向こうの知らない世界に惹かれるモアナ。そんな彼女が島の危機に際して、どんな想いで旅に出て、どんな風に自分の運命を切り開いていくのか。その勇姿に注目です。
 
 やがて出逢う粗暴な旅の友・マウイ。始めは自分が助かることしか考えていなかったマウイもまた、モアナの情熱に触れ、少しずつ変わっていく様子が、なんだかカッコイイです。
 
 結構描写が小さい子には怖そうな部分が多いので、案外家族で観るのには不向きかも知れませんが、ディズニーらしい冒険ファンタジーですので、気になった方は是非。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売開始!!>