ReLIFE リライフ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

今を生きる大切さ。教えてくれる青春ファンタジー!!
 
2017年4月15日公開
監督:古澤健
出演:中川大志・平祐奈・高杉真宙 他
 
【賛否両論チェック】
賛:高校生をもう1度やり直す中で、周りの仲間達と自分自身を変えていく主人公の熱い姿が、清々しくてカッコイイ。今を生きることの大切さを教えてくれる。
否:そもそもの設定にはやはり無理があり、ツッコミどころも多い。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・なし
 
 
 人気コミックの実写映画化です。1年間だけ高校生をやり直す実験の被験者となった27歳のニートが、再びの高校生活を経て変わっていく様を描きます。主演は中川大志さん。
 
 物語の主人公は、27歳の海崎新太(中川大志)。新卒で勤めていた会社は5ヶ月で辞めてしまい、その後の就職活動は上手く行っておらず、現在は生活費の督促に追われながら、たまにアルバイトをしてなんとか食いつなぐ日々を送っていました。それでも、学生時代の友人達に現状を素直に言うことは出来ず、飲み会に誘われるとわざわざスーツを来て出かけ、
「プロジェクトが忙しい。」
と残念な嘘をつき、なけなしの飲み代を払うという毎日を送っているのでした。
 
 そんなある夜のこと、新太は「リライフ研究所」の職員を名乗る謎めいた青年・夜明了(千葉雄大)から、
「あなたはリライフプロジェクトの被験者に選ばれました。」
と、声をかけられます。警戒する新太でしたが、どうやら夜明は新太の現状を全て知っている様子で、そのままプロジェクトの説明を続けます。それによるとリライフプロジェクトとは、「1年間限定で、高校生をやり直す」という実験のこと。特殊な薬を服用することで、外見は高校時代へと戻り、生活費は全て研究所が負担してくれ、実験後は就職先の紹介もしてくれるものの、1年経つと被験者に関わった人々の記憶からは、被験者のことは消えてしまうというものでした。新太が“生活費がかからない”という点に興味を惹かれながらも煮え切らずにいると、夜明は
「考えてみて下さい。」
と、新太の胸ポケットに薬をしまい、立ち去ってしまうのでした。
 
 ところが翌朝、二日酔いで目覚めた新太は、鏡を見て驚きます。どうやら昨晩酔った勢いで薬を飲んでしまったらしく、外見が高校時代へと戻っているのでした。慌てる新太の下へ、早速夜明がやって来ます。かくして新太は、4月から高校へと通うことになるのでした。始めは
「余計なことはしないで、なるべく目立たずに1年を過ごそう。」
と決めていた新太でしたが、友達のいない優等生・日代千鶴(平祐奈)や、頭は良いがお調子者の大神和臣(高杉真宙)と、彼とは腐れ縁の狩生玲奈(池田エライザ)、軽音楽部の小野屋杏(岡崎紗絵)達と関わり合っていくうちに、次第に新太の中で何かが変わり始めるのでした・・・。
 
 挫折した人生の中で、ひょんなことからもう1度高校生をやり直すことになった主人公。ひと度社会に出たからこそ分かる、仲間の高校生達の甘さや可能性を目の当たりにして、困っている人を放っておけない主人公の性分が仲間達を変えていく姿が、暑苦しくもカッコよく映ります。
「頑張ることを諦めるな!!」
っていう言葉がステキでした。
 
 同時にそんな主人公自身も、1年後に忘れられる存在であることに苦悩しながらも、自分と仲間達との絆を大切に日々を生きていく中で、少しずつ前向きに変わっていく様が、また感動を誘います。
 
 実際にはかなり無理がある設定ではありますが、ファンタジー感溢れる青春ドラマを是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※水崎綾女さん・・・本作では、主人公の会社員時代の先輩の妹役。最近の映画では、実写映画化された「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」や、「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」、「彼岸島 デラックス」等に出演されています。最新作では永瀬正敏さん主演の、視力を失いゆくカメラマンを描いた「光」にも、ヒロイン役で出演していらっしゃるそうですね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」5月22日発売!!>