PとJK | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ありえないからこそ新鮮。純粋すぎる愛の行方は。
 
2017年3月25日公開
監督:廣木隆一
出演:亀梨和也・土屋太鳳・高杉真宙 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ふとしたきっかけで出逢った、お互いに純粋な警察官と女子高生が、思い悩みながらもお互いを理解しあっていく真っ直ぐな姿が、観ていて清々しい。2人を取り巻く人間模様も、また深い感慨を呼ぶ。
否:ストーリーそのものはかなり荒唐無稽。恋愛映画にそぐわないようなシーンもあるので、好き嫌いは分かれそう。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・暴力シーン等があり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気が少しだけ怖いシーンがあり
 
 
 人気コミックの実写映画化です。真面目な警察官と女子高生の恋路を描きます。主演は亀梨和也さんと土屋太鳳さん。
 
 物語の舞台は北海道。路面電車の駅で待ち合わせる、女子高生の本谷歌子(カコ)(土屋太鳳)と矢口三門(玉城ティナ)の姿がありました。行き先をよく知らずに呼び出されたカコでしたが、三門は彼女を連れて、大学生の先輩(高橋メアリージュン)がセッティングした合コンの数合わせにやって来ます。先輩は2人に、
「2人は22歳っていう設定だから。それと、お酒は絶対に飲まないこと。」
と言い含めますが、合コンだとは聞いていなかったカコは戸惑いを隠せません。合コンの間中、隅のテーブルで大人しくしているカコと三門でしたが、2人が高校生だとは知らない男性達がお酒をすすめて来て、2人は困ってしまいます。するとそこで、代わりにお酒を飲んでくれた青年・佐賀野功太(亀梨和也)が現れ、事なきを得ます。これが、カコと功太の出逢いでした。
 
 合コンの解散後、カコは功太にお礼を言い、ペットボトルの水をあげます。すると、1人終電で帰ろうとするカコを、功太が送ってくれることになるのでした。しかし結局終電は逃してしまい、タクシーを拾うまでの間、2人は歩きながら話すことに。お互いに真面目な2人は自然と気が合い、話は弾みますが、そこでカコがつい、
「北海道に16年間住んでいる。」
と、口を滑られせてしまいます。すると、何故か功太の態度は急変。
「クソガキが!!」
と激怒した功太に驚き、カコはその場を逃げ出してしまうのでした。
 
 ところが逃げ込んだ先の裏路地では、ガラの悪い不良達がたむろしており、カコはすぐに絡まれてしまいます。しかもその中の1人・大神平助(高杉真宙)は、カコの学校の札つきのワルでした。大神はカコに興味を示さなかったものの、カコは不良達に連れていかれそうになってしまいますが、そこへ追いかけてきた功太がやって来ると、1人を投げ飛ばし、
「警察だ!!」
と叫ぶと、手帳を取り出します。実は功太は、非番の警察官だったのでした。功太はその場で応援を要請し、不良達は逃げ惑うばかり。すると、功太が取り押さえた少年を助けようとした大神が、功太の背後からスケートボードで殴りかかり、それを見て割って入ったカコが額を殴られてしまいます。カコは意識を失い、大神は駆けつけてきた警官達に取り押さえられるのでした。
 
 カコはすぐに病院へと運ばれますが、幸いケガは大事には至りませんでした。やって来たカコの両親も、意識が戻るまで一旦帰宅。やがて目を覚ましたカコに功太は、
「君とは付き合えない。」
と告げます。
「警察官と女子高生だからダメなの!?」
と憤り、ショックを隠せないカコでしたが、そんな彼女の姿を見て、真面目な功太が出した結論は、
「カコちゃん・・・結婚しようか?」
という言葉でした・・・。
 
 展開はまさに恋愛映画の王道といったところでしょうか。ひょんなことから出逢ってしまった、真面目すぎる警察官・功太と真っ直ぐな女子高生・カコ。そして純愛を貫くために、功太が出した“結婚”という答え。そんな突拍子もないストーリーですが、観ていて何故か心惹かれてしまうのは、功太とカコの純粋な想いが全面に溢れているからでしょうか。時に相手の気持ちが分からずに悩み、時にケンカをしながらも、次第にお互いを理解しあっていく様子が、甘酸っぱさ満点で描かれていきます。
 
 同時に、2人を取り巻く人間模様も、また物語を深いものにしていきます。功太が警察官を志すきっかけとなった父の死や、家庭の問題を1人で抱え込もうとする大神とカコ達との友情、そしてカコの父の親心と、その度に思わず考えさせられるようです。
 
 DVや誘拐等、およそ恋愛モノにはそぐわないようなシーンもありますが、基本的には中高生向けの甘酸っぱい恋愛ムービーですので、是非チェックしてみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※玉城ティナさん・・・本作では、カコの親友・三門役。モデル出身の方で、最近の映画では「天の茶助」での主人公の妹役や、「オオカミ少女と黒王子」での主人公のクラスメート役、「貞子VS伽倻子」での伽倻子に呪われる女子高生役や、「サクラダリセット」での物を消す能力者役、そして「暗黒女子」での留学生役等が有名なところですね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>
 
 
<「映画の通信簿2016」5月22日発売!!>