名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

都合良すぎるアクションはお約束?哀しき真実と、秘められし恋心。
 
2017年4月15日公開
監督:静野孔文
出演(声):高山みなみ・山崎和佳奈・堀川りょう 他
 
【賛否両論チェック】
賛:解けそうで解けない事件の真相を、名コンビが読み解いていく様は、ミステリーモノとしては良質。百人一首と共に揺れ動く恋心が表現されていくのも印象的。
否:重力無視の都合良すぎるアクションは、ちょっと無理がありすぎるか。予備知識もあった方が楽しめる。
 
ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 今や国民的アニメとなった「名探偵コナン」、その劇場版最新作です。今回は競技かるた界を巻き込んだ、難事件に挑みます。
 
 早朝の京都。広い邸宅の一室で、高校生の権威ある百人一首大会「皐月杯」の過去のビデオを観ている、矢島俊弥(声:石川英郎)の姿がありました。するとそこへ、何者かが来客。その人物は、渡り廊下にあった日本刀を手に取ると、矢島に斬りかかろうとしますが、刀が錆びついて抜けず、やむなくそのまま刀で殴りかかります。矢島は撲殺されてしまい、辺りには百人一首のかるたが散らばるのでした。
 
 ところ変わって、大阪の日売テレビ。その日は皐月杯開催の会見番組を翌日に控え、主催者の不動産王・阿知波研介(声:阪脩)や、現クイーンの大岡紅葉(声:ゆきのさつき)らがリハーサルのために顔を揃えていました。また、紅葉との模擬試合を行うために、改方学園高校の牧本未来子(声:吉岡里帆)も来ており、その付き添いで同じカルタ部の遠山和葉(声:宮村優子)や服部平次(声:堀川りょう)、そして江戸川コナン(声:高山みなみ)達も来ているのでした。番組では阿知波と毛利小五郎(声:小山力也)の対談も予定されており、コナン達は阿知波の情報収集に余念がありませんでしたが、平次がふと廊下に出た際、紅葉とぶつかってしまいます。すると紅葉は平次の顔を見るなり、驚きのあまり涙ぐんでしまうのでした。訳が分からず困惑する平次に対し、和葉は怒りを露に。そんな2人を見て、コナンは苦笑いをするしかないのでした。
 
 そんな中、にわかにテレビ局サイドが慌ただしくなり始めます。原因は日売テレビに、百人一首の写真が添付された爆破予告が送りつけられたこと。念のために避難が開始され、コナン達も屋外へと避難を開始しますが、未来子がスタジオに展示されていた貴重な“皐月カルタ”を持ち出そうときびすを返したことから、平次と和葉も慌ててその後を追いかけるのでした。ところが、未来子達がカルタを持って避難しようとした次の瞬間、階下で次々と爆弾が爆発し、建物が崩落を始めてしまいます。未来子は警備員に助けられて無事でしたが、平次と和葉は炎と煙に追い立てられ、屋上へと退避せざるを得なくなります。コナンは迷うことなく、隣りのビルからスケートボードで飛び出し、2人の下へと駆けつけるのでしたが・・・。
 
 今回は大阪・京都を舞台に、謎めいた爆破事件と殺人事件に、コナン&平次の名コンビが挑みます。真相が読めそうで読めない絶妙な展開が、ミステリーとしては上質です。
 
 そして今回は、昨今流行りの競技かるたを題材に、主人公達の揺れ動く恋模様が、百人一首を織り交ぜながら紡がれていくのも、またステキです。
 
 ただ、このシリーズの劇場版としてはもはやお約束ともいえる、ド派手かつメチャメチャ都合良すぎるアクションは、今回も健在です(笑)。
「いやいや、それは・・・」
と、思わず苦笑いしてしまうようなシーンが結構ありますが、それもまたご愛嬌ということで(笑)。
 
 良くも悪くも、シリーズファンには是非オススメの作品です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※吉岡里帆さん・・・本作では、遠山和葉の同級生・牧本未来子役。最近の映画では、菅田将暉さんがお調子者のホストを演じたコメディ「明烏(あけがらす)」でのヒロイン役や、ウェディングプランナーを描いた「ハッピーウエディング」での主演等が有名なところです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>