グレートウォール | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

壮大すぎるアクション。名もなき者達の荘厳な歴史スペクタクル!!
 
2017年4月14日公開
監督:チャン・イーモウ
出演:マット・デイモン
ジン・ティエン
ペドロ・パスカル 他
 
【賛否両論チェック】
賛:万里の長城を舞台に、人間と怪物の桁外れのスケールの戦いが描かれていくのが、非常に痛快。人間的に成長していく主人公の姿もカッコイイ。
否:内容そのものは怪物と戦うストーリーなので、歴史物を期待して観ると裏切られ感は半端ない。グロシーンもあり。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり
 
 
 万里の長城を舞台に、人類と怪物との壮絶な死闘を描いた作品です。主演はマット・デイモン。
 
 中国の砂漠地帯。馬賊に追われながらも、旅を続ける一行の姿がありました。祖国は違えど共に旅をする彼らの目的は、中国にあるとされる“黒色火薬”。しかし精鋭ばかりの彼らも、日を追うごとに人数は減り続け、弓の名手・ウィリアム(マット・デイモン)と、相棒の斧の使い手・トバール(ペドロ・パスカル)は、焦りの色を隠せずにいるのでした。そんなある夜、焚き火を囲んでいた彼らは、何者かの襲撃を受けます。ウィリアムはとっさに、人間ではないその“何か”の腕を切り落としますが、トバール以外の仲間は全員やられてしまうのでした。
 
 翌日、またしても馬賊に追いかけられ、高台へと逃げるウィリアムとトバールでしたが、そんな2人の前に突然、巨大な建造物“万里の長城”と、無数の兵士達が姿を現します。やむなく捕まることとなった2人でしたが、ウィリアムが持っていた“何か”の腕を見るなり、将軍達は色めき立ちます。ウィリアムは
「どうやって殺した!?」
とと問いただされますが、その直後、敵襲の一報が飛び込んでくるのでした。
 
 ウィリアムとトバールは牢に入れられることになりますが、あいにく牢のカギが見つからなかったことから、長城の上で監視されることに。そこで2人が目の当たりにしたのは、例の怪物の正体“
饕餮(とうてつ)”の大軍が、群れをなして押し寄せてくる様子と、 その饕餮と恐れることなく対峙する禁軍の勇姿でした。両者は一進一退の攻防を繰り広げますが、やがて饕餮が徐々に長城の上へと飛び込んでくるようになると、体格で劣る禁軍は次第に劣勢に立たされてしまいます。しかし次の瞬間、縄を解かれて助けに入ったのは、他ならぬウィリアムとトバールだったのでした・・・。
 
 まず驚かされるのは、そのスケールの大きさです。人間の欲深さを思い知らせるために生まれたという怪物・饕餮(とうてつ)の大群と、大義のために死をも恐れずに戦い続ける戦士達の姿が、万里の長城を舞台にこれでもかというくらいド迫力のスケールで描かれていくのが圧巻です。
 
 また、そんなマクロな視点とは別に、主人公の成長というミクロな視点でも楽しめるのも、この作品の魅力の1つ。当初は自身が生き延びるためだけに戦ってきた主人公・ウィリアムが、“信頼”という言葉の下に、命を懸けて大義のために戦う戦士達に感化され、次第に変わっていく姿がとてもカッコイイです。壁の上で、後に司令官となるリン・メイと、
「我々は似た者同士か。」
と語り合うシーンなんかが印象的です。
 
 純粋にアクション映画としても痛快ですので、是非ご覧下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※ジン・ティエン・・・本作では、司令官となるリン・メイ役。最近の映画では、「キングコング 髑髏島の巨神」でのビル教授の助手・サン役で出演されているのが有名なところです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>