ゴースト・イン・ザ・シェル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

好みは分かれる世界観。驚異の映像美で描かれる、孤高な戦い。
 
2017年4月7日公開
監督:ルパート・サンダース
出演:スカーレット・ヨハンソン
ビートたけし 他
 
【賛否両論チェック】
賛:圧倒的なスケールの中で、孤独な戦いを続けるヒロインが辿り着く、衝撃の真実が印象的。痛快なストーリーも魅力。
否:世界観の予備知識はあった方がイイ。グロシーンも結構あり。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン等多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 往年の名作アニメ「攻殻機動隊」が、実写映画化されました。主演はスカーレット・ヨハンソン。
 
 物語の舞台は、科学技術の進歩によって、人間の身体を“義体”によって補うことが可能となった近未来。その最先端を行く企業「ハンカ・ロボティクス社」は、巨万の富を得ているのでした。
 
 「ミラ」と呼ばれた主人公(スカーレット・ヨハンソン)が目を覚ますと、そこはどこかの研究施設の一室で、目の前にはオウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)の姿がありました。そこでミラはオウレイから、自身が難民ボートに乗っていた際にテロに遭い、 両親が帰らぬ人になってしまったことや、彼女自身も脳以外の身体を失い、全身に義体手術を施されたことを知らされるのでした。
 
 それから1年後。ミラはその“全身義体”という特性を活かし、“公安9課”のエリート捜査官として、治安維持の任務に就いていました。その日もミラは、ハンカ・ロボティクス社の幹部と某国の首脳の会談場所に、サイバーテロの気配を察知し、上司の荒巻(ビートたけし)の命令を無視して、単身で現場へと踏み込んでいきます。現場では給仕用の芸者ロボットが暴走し、人々に襲いかかっているところでした。ミラは遅れてやって来たバトー(ピルウ・アスベック)達と共に、なんとかロボット達を制圧します。
 
 その後、周囲の反対を押し切って芸者ロボットの記憶へとダイブしたミラは、その記憶の奥にサイバーテロリスト“クゼ(マイケル・ピット)”の姿を捉えます。しかしその事が、やがて彼女の運命を大きく変えることになろうとは、ミラはまだ予想だにしていませんでした・・・。
 
 初見でも大丈夫ではありますが、やはり「攻殻機動隊」の何らかの知識はあった方がよさそうです。
 
 昔の記憶を失い、最強の捜査官として戦い続ける孤高なヒロイン。そんな彼女が自身の過去に通じるテロ事件と交錯した時、封じられていた過去と共に、衝撃の真実が明らかになっていきます。
 
 基本的にはファン向けですが、そうでなくても圧倒的なスケールで描写される近未来の映像美に陶酔出来るような、そんな作品ですので、是非チェックしてみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※マイケル・ピット・・・本作では、事件のカギを握るサイバーテロリスト・クゼ役。最近の映画では、マフィアによってギャング誘拐事件に巻き込まれる素人達を描いた「クリミナル・ミッション」での主演や、CIAエージェントの記憶を埋め込まれた死刑囚を描いたアクション「クリミナル 2人の記憶を持つ男」での〝ダッチマン”役等が有名なところです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>