ハルチカ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

天真爛漫なヒロインの情熱と、真っ直ぐすぎる青春。
 
2017年3月4日公開
監督:市井昌秀
出演:橋本環奈・佐藤勝利 他
 
【賛否両論チェック】
賛:吹奏楽部に情熱を注いで突っ走る天真爛漫なヒロインと、そんな彼女に感化されて変わっていく部員達の姿が眩しい。
否:どうしても予定調和感は否めない。展開もかなりのご都合主義。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし
 
 
 人気小説の実写映画化です。吹奏楽に情熱を注ぐ主人公達の奮闘を描きます。主演は橋本環奈さんと佐藤勝利さん。
 
 物語の舞台は、静岡県の清水北高等学校。入学式当日、主人公の穂村千夏(チカ)(橋本環奈)は、満員のバスに揺られながら、学校へと向かっていました。途中の急カーブで揺れた際に、目の前に座っていた男子生徒に何度もぶつかってしまいながらも、なんとか登校し、そのまま入学式へと出席します。その後千夏は、胸を弾ませながら吹奏楽部の部室へと向かうのでした。ところがそこに部員達の姿はなく、現部長代理の片桐誠治(前田航基)とその彼女の野口わかば(二階堂姫瑠)が、荷物の整理をしているばかり。そして千夏は2人から、吹奏楽部が廃部になったと告げられるのでした。
 
 納得がいかない千夏は、その足で校長の岩井(志賀廣太郎)に、吹奏楽部の存続をかけ合います。岩井は聞く耳を持ちませんが、そこへ新任の草壁信二郎(小出恵介)が、
「オーケストラは最低9人いれば出来る。」
と、助け舟を出します。千夏の必死の嘆願に、とうとう根負けした岩井は、
「4月中に後8人を集められれば、存続を認める。」
との条件を課すのでした。
 
 早速勧誘を始める千夏でしたが、どうやら元部員達の間には浅からぬ因縁があるようで、誠治とわかばを始め、元部員達には軒並み断られてしまいます。そんな中、千夏は登校時のバスの中で、再びあの男子生徒にぶつかってしまいますが、同時に彼が小学校時代の幼馴染み(でイジめていた)・上条春太(ハルタ)(佐藤勝利)であることを思い出すのでした。彼がホルン経験者だと知っていた千夏は、強制的に春太を吹奏楽部に入部させてしまい、その後は2人で勧誘活動に勤しみます。やがて次第に千夏の熱意が実り始め、部員は1人また1人と増えていくのでしたが・・・。
 
 自由奔放でも行動力のあるヒロイン・千夏が、その熱意だけでぶち上げた「吹奏楽部復活」の計画。前半は幼馴染みの春太を始め、そんな千夏の熱意に突き動かされた元部員達や同級生達が、次第に1つにまとまっていく様が、爽やかに描かれていきます。
 
 そして後半は、それまで部を引っ張ってきた千夏を襲ったスランプが引き金となり、吹奏楽部全員が苦悩しながらも一回りも二回りも成長していく姿が、情熱的で感動させられます。千夏が席を外した場面で起こるケンカのシーンなんかは、まさに青春ドラマといった感じで、見どころの1つです。
 
 あまり恋愛モノという印象ではなく、吹奏楽部に打ち込む高校生達の青春モノなので、大人から子供まで楽しめる、そんな作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※上白石萌歌さん・・・本作では、チューバ担当の米沢妙子役。「君の名は。」等でお馴染みの上白石萌音さんの妹さんで、最近の映画では、ボーカロイドの楽曲を映画化した「脳漿炸裂ガール」や、内村光良さん監督作品の「金メダル男」等にも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>