暗黒女子 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

次々と暴かれる裏切り。予想の上の上を行くミステリー!!

 

2017年4月1日公開
監督:耶雲哉治
出演:清水富美加・飯豊まりえ 他

 

【賛否両論チェック】
賛:友を疑う女子高生達の小説が折り重なり、次第に驚くべき真実が顔を出して行く様が、恐ろしいと同時に痛快。裏切り合う人間の醜態も垣間見える。
否:特に序盤は、1人1人の小説が淡々と再現されていくだけなので、かなり退屈してしまいそう。ラブシーンやグロシーンも少しあり。

 

ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気が結構怖いシーンがあり

 

 

 ミステリー小説の映画化です。死んだ文学部の部長を巡る、部員達の犯人探しを描きます。主演は清水富美加さんと飯豊まりえさん。

 

 物語の舞台となるのは、上流階級の令嬢ばかりが通う名門女子校「聖母マリア女子高等学院」。嵐となったその夜、文学サロンに集まった文学部の面々は、副部長の澄川小百合(清水富美加)の司会の下、学期末恒例の闇鍋を行っていました。闇鍋が一区切りついた後、これも毎回恒例の、各自が書いた文学小説の朗読が行われます。いつもならばテーマは自由でしたが、今回は小百合が決めたテーマで、各々が小説を執筆。そのテーマとは、「『白石いつみ』の死について」というものでした。

 

 白石いつみ(飯豊まりえ)は、聖母マリア女子高等学院の理事長の娘であり、文学部の部長でもありました。人格者でもある彼女の名声や人気は絶大でしたが、最近屋上から花壇へと転落し、命を落としていました。その突然すぎる死と、スズランを握って死んでいた状況から、憶測は憶測を呼び、
「文学部の誰かが殺したのでは?」
という噂が学院内を席巻。そこで小百合は、いつみの死の真相を明らかにするべく、部員1人1人に彼女の死にまつわる小説を書かせたのでした。

 

 かくして朗読がスタート。
①二谷美礼(平祐奈)の「太陽のような人」。
②小南あかね(小島梨里杏)の「マカロナージュ」。
③ディアナ・デチェヴァ(玉城ティナ)の「女神の祈り」。
④高岡志夜(清野菜名)の「紅い花」。
それぞれがそれぞれの視点から、いつみとの出逢いから、その死までを書き綴り、発表していくのでしたが・・・。

 

 ミステリー小説の映画化だけあって、やはりメインとなるのは“フーダニット(誰がやったか?)”ですが、一筋縄では行かないのがこの作品の魅力。
「こうなる・・・かな?」
という予想を際どくすり抜けて、ラストでは驚愕の真相に次ぐ真相が、次々と明らかになっていきます。

 

 その中で露になっていくのは、“女子高生”という最も華があり可憐で多感な時期だからこその、美しくも醜い人間としての性(さが)です。信じていたものに裏切られた人間達の、歪んだ叫びが重なり合い、皮肉にも良質なミステリーを彩っていきます。

 

 前半は淡々と進むので案外退屈ですが、それも全てが伏線となる大事な要素。ミステリー好きには是非オススメの作品です。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※飯豊まりえさん・・・本作では、皆の憧れの的でありながら、怪死した白石いつみ役。最近の映画では、「MARS ~ただ、君を愛してる~」や「きょうのキラ君」でのヒロイン役でお馴染みですね。

 

※清野菜名さん・・・本作では、文学少女の高岡志夜役。最近の映画では「TOKYO TRIBE」でのヒロイン役のほか、「東京無国籍少女」や「雨女」での主演、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」や「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、「金メダル男」等にも出演されています。

 

※玉城ティナさん・・・本作では、留学生のディアナ・デチェヴァ役。モデル出身の方で、最近の映画では「天の茶助」での主人公の妹役や、「オオカミ少女と黒王子」での主人公のクラスメート役、「貞子VS伽倻子」での伽倻子に呪われる女子高生役や、「サクラダリセット」での物を消す能力者役等が有名なところですね。

 

※小島梨里杏さん・・・本作では、老舗料亭の娘・小南あかね役。最近の映画では、志尊淳・芳根京子主演の「先輩と彼女」での卒業生役や、「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」では主演を務めていらっしゃいます。

 

※平祐奈さん・・・本作では、苦学生の二谷美礼役。平愛梨さんの妹さんで、「貞子3D」や「だいじょうぶ3組」、「紙の月」や「ソロモンの偽証 前篇・事件」、「青鬼ver.2.0」や「青空エール」、「きょうのキラ君」や「サクラダリセット」、そして今後も「ReLIFE リライフ」や「忍びの国」と、話題作に多数出演されています。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

 

 

<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>