チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“自分を越える”。笑って泣ける直球青春ムービー!!
 
2017年3月11日公開
監督:河合勇人
出演:広瀬すず・中条あやみ・山崎紘菜 他
 
【賛否両論チェック】
賛:主人公だけではなく、部に関わる人々皆が葛藤しながら、“自分を越える”ひたむきな努力を積み重ねていく姿が、観る者の胸を打つ。馴れ合いでない真実の友情を築いていく様や、恩師の本当の想いを知った時の感動もひとしお。完成したダンスシーンも圧巻。
否:展開はかなり強引で、予定調和感が強い。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 普通の女子高生達が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした実話を基にした作品です。主演は広瀬すずさん。
 
 物語の舞台は、福井県立中央高等学校。1年生の春、入学してきた主人公・友永ひかり(広瀬すず)は、他の友達を差し置いて、チアダンス部へと直行します。その理由は単純なもので、中学時代から片想いをしている腐れ縁の山下孝介(真剣佑)がサッカー部に入ったため、その応援をしようと考えたからでした。しかし、そんな軽い気持ちのひかりを待ち構えていたのは、〝地獄屋”の異名を持ち恐れられている鬼教師・早乙女薫子(天海祐希)でした。初日の挨拶で早乙女は、
「チアダンス部は、全米を制覇します!!」
と声高に宣言。そして部の鉄則として、「ネイル・前髪・恋愛の禁止」を掲げます。この時点で、やる気がなかった先輩達は全員去っていってしまい、後に残されたのはひかり達1年生だけ。そんな彼女達も、すぐに数が減ってしまうのでした。
 
 それでも残った1年生達に対し、早乙女は早速実力チェックを行い、中学からのチアダンスの経験者・玉置彩乃(中条あやみ)を部長に、バレエダンスの経験者・村上麗華(柳ゆり菜)と、ヒップホップダンサーの紀藤唯(山崎紘菜)を、それぞれ副部長に任命します。しかしいきなりダンスレッスンに入れたのは、その3人だけ。ひかりを含む後の〝ほぼド素人”メンバー達は、外でひたすら体力作りに取り組まされるのでした。それでも明るいひかりは、スパルタ指導の早乙女をもってしても、
「あなたは〝笑顔だけは”イイ。」
と言わしめるほどでした。
 
 ところが肝心のひかりは、自分が片想いをしている孝介が彩乃に夢中であることを聞かされ、ショックを受けます。練習でも早乙女に怒られてばかりで、ひかりは早くも匙を投げてしまうのでした。そんなひかりを部長の彩乃は引き止め、
「1度だけみんなで踊ってみよう!!」
と説得します。その後彩乃は早乙女に許可をもらい、屋上で全員揃ったダンス練習を行います。踊りはバラバラでしたが、この時初めてみんなで踊ることの楽しさを知ったひかり達の中で、何かが変わり始めたのでした。
 
 その後も努力を続けたひかり達は、技術的にもほんの少し成長しますが、そんな彼女達ド素人組を見ながら、麗華だけは内心そのレベルの低さにイライラを募らせていました。その後迎えた福井県大会、付け焼き刃の練習では成果を出せず、チアダンス部はミスを連発し、会場中の笑いものになってしまいます。これに堪忍袋の緒が切れた麗華は、足を引っ張るメンバーに対して怒りをぶつけ、部内は険悪な雰囲気に。結局麗華はそのままチアダンス部を辞め、他のメンバー達も練習に来なくなってしまうのでした・・・。
 
 明るさだけが取り柄の主人公・ひかりと、それぞれが問題を抱えた仲間達。そして鬼教師と恐れられる早乙女でさえも皆、自身のあるべき姿に迷い、悩み、苦しみながら、それでも“今の自分を越える”ために努力し続ける様子には、予定調和を越える感動を与えてくれます。
 
 そんな中でも、決して独りで戦っている訳ではなく、馴れ合いでない本当の仲間という存在にまた泣かされるのも、青春ドラマならでは。個人的には、部から離れてしまった唯を迎えに行ったひかりと彩乃が、ストリートで独りで踊っている唯に何も言わずに加わって、3人で踊るシーンがステキでした。
 
 ラストのダンスシーンも圧巻です。沢山笑ってホロッとさせられる。そんな理想的な青春ムービーに仕上がっています。デートや家族サービスでも、是非ご覧下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※柳ゆり菜さん・・・本作では、仲間を見下してチアダンス部を離れていくお嬢様・麗華役。最近の映画では、高校生達の危うい恋模様を描いた「劇場版うわこい」「劇場版うわこい2」での主演や、「呪怨 ザ・ファイナル」や「高台家の人々」、「彼岸島 デラックス」や「恋妻家宮本」等にもご出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」まもなく発売!!>