素晴らしきかな、人生 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

人は独りじゃない。豪華キャストが奏でる、“幸せのオマケ”。
 
2017年2月25日公開
監督:デビッド・フランケル
出演:ウィル・スミス
エドワード・ノートン
ケイト・ウィンスレット 他
 
【賛否両論チェック】
賛:最愛の人を亡くし、心を病んでしまった主人公が、奇妙な出逢いを通して心を解き放っていく様が、温かく描かれる。主人公のみならず、一連の計画に関わった人々それぞれが、大切な誰かとの絆を結び直していく様子も、またステキ。
否:展開は淡々としているので、惹かれないと眠くなるかも。主人公の無責任さには、ツッコミどころもあるか。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 娘を失った心の傷を癒せずにいる主人公の下へ、奇妙な3人の男女が現れます。主演はウィル・スミス。
 
 ニューヨークの広告代理店の経営者・ハワード(ウィル・スミス)。彼の会社は業績も好調で、共同経営者のホイット(エドワード・ノートン)や、他の社員達にも恵まれ、ハワードは充実した生活を送っているのでした。しかしそれから3年後、ハワードは失意のどん底に叩き落とされていました。その理由は、2年前に最愛の6歳の娘を失ったこと。彼は誰とも口を利かなくなってしまい、職場でもドミノを組み立てるばかり。取引先はハワードのコネが大半を占めていたため、会社の業績も比例して大幅に悪くなってしまっているのでした。
 
 ホイットを始め、ハワードを師として慕うクレア(ケイト・ウィンスレット)や、彼に救われた経験を持つサイモン(マイケル・ペーニャ)ら3人の同僚達は、ハワードと会社の両方を心配していました。幸いにも、他の企業で買収を表明してくれる会社がありましたが、そのためには株主総会での承認が必要。筆頭株主はハワード自身でしたが、ホイット達は今のハワードが承認するのは難しいと判断し、なんとか彼に議決能力がないことを証明するため、探偵を雇うことにします。最近のハワードは重症で、かつての持論であった、
「世界は“愛”と“時間”と“死”で出来ている。」
を受けてなのか、“愛”“時間”“死”に宛てた手紙を書いて投函する等、かなり病んでいる様子なのでした。
 
 そんな時、ホイットは会社の広告のオーディションに来ていたエイミー(キーラ・ナイトレイ)と出逢い、その表現する言葉の響きに惹かれます。するとエイミーは、突然会社からいなくなってしまったため、ホイットは慌てて彼女の後を追いかけるのでした。辿り着いたのは、会社のすぐ近くにある小さな劇場。そこにはエイミーの他に、ブリジット(ヘレン・ミレン)とラフィ(ジェイコブ・ラティモア)の姿もありました。その夜、自宅に帰ったホイットは、認知症を患う母親の会話の相手をしていた時に、ふと突拍子もない計画を思いつきます。それは、エイミー・ブリジット・ラフィに〝愛”と〝死”と〝時間”を演じてもらい、ハワードに心の傷を癒してもらうと同時に、その様子を撮影して加工することで、ハワードの議決能力を否定する証拠にしようというものでした・・・。
 
 最愛の娘を亡くしたことで、自暴自棄になってしまったハワード。そんな彼を救うために仲間達が仕掛けたちょっと不思議な計画が、彼の心に変化をもたらしていく様が、淡々とした中にも温かく描かれていきます。
 
 同時に、計画のために雇われた3人の役者達が、計画に関わる仲間達自身の傷をも癒していくのが、また印象的です。情緒豊かなエイミーは、離婚して娘に嫌われてしまったホイットを、“時間”を演じる生意気なラフィは、母親になる時間切れに焦るクレアを、そして老練なブリジットは、家族にも重篤な病気を隠しているサイモンを。それぞれが計画を通して、思いもよらぬ“幸せのオマケ”を知っていくのも、また心温められるサイドストーリーとして進んでいくのが、またステキです。
 
 主人公の行動はやや無責任な感もありますが、最後に明かされる真実にも1本取られた気がして、観終わった後に大切な人を想いたくなる、そんな感動ストーリーです。是非チェックしてみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※マイケル・ペーニャ・・・本作では、主人公の同僚・サイモン役。最近の映画では、「アントマン」や「フューリー」、「アメリカン・ハッスル」や「L.A.ギャングストーリー」、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」や「オデッセイ」、そして「バッドガイズ!!」等々、話題作に多数出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>