キセキ -あの日のソビト- | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

夢を追いかける全ての人へ。勇気をくれる若者達の挑戦!!
 
2017年1月28日公開
監督:兼重淳
出演:松坂桃李・菅田将暉・忽那汐里 他
 
【賛否両論チェック】
賛:誰もが知る人気グループのこれまでを辿りながら、その苦悩や葛藤を等身大で描くのが印象的。夢を追いかける兄弟の絆も胸を打つ。
否:アーティストのサクセスストーリーなので、好き嫌いは分かれそう。展開はやや強引な感も。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 あの「GReeeeN」誕生の秘話を描いた作品です。主演は松坂桃李さんと菅田将暉さん。
 
 とあるライブハウスでは、ボーカルのジン(松坂桃李)率いる人気バンド「ハイスピード」のライブの真っ最中。会場は大盛り上がりで、テンションが上がった観客達がステージへと上がってきますが、ジン達も負けじと観客達を殴り飛ばしていきます。そして最終的には、派手なケンカとなってしまうのでした。そんなジンの父は、権威ある医師・森田誠一(小林薫)。厳格で頑固な誠一は、かねてからジンの音楽活動を全否定しており、今回のケンカを聞いた誠一は激怒し、自宅へ帰ってきたジンを殴り飛ばしてしまいます。そんなジンの様子を、高校生の弟・ヒデ(菅田将暉)は心配するのでした。
 
 丁度その頃、ヒデは受験生でした。誠一の後を継ぐべく、ヒデは医学部を受験しますが、あえなく不合格に。こうしてヒデは予備校へと通うことになります。一方のジンは、ハイスピードのライブを観に来ていた音楽プロデューサー・売野(野間口徹)の目にとまり、CDデビューの話を持ちかけられます。しかし案の定、誠一は聞く耳を持ちません。ひどく殴られた上、日本刀まで持ち出されたジンは、家を出ることを決意。心配するヒデをよそに、ジンはそのままバンド仲間のトシオ(奥野瑛太)の父親が営む車の修理工場へと転がり込み、働きながら音楽活動を続けるのでした。
 
 しかしヒデの成績は一向に上がりません。そんな折、母親の珠美(麻生祐未)から、
「あなた達を産む度に、右の歯が悪くなった。」
という苦労話を聞かされたヒデは、歯医者になるために歯科大学を目指すことを決めるのでした。翌年、ヒデは無事に神奈川歯科大学へと合格し、意気投合した学部の仲間・クニ(成田凌)・ナビ(横浜流星)・ソウ(杉野遥亮)と共に、バンドを組むようになります。同じ頃ジンのハイスピードは、“売れる曲”を求める売野との溝が深まってしまい、トシオの脱退によって解散に追い込まれてしまうのでした・・・。
 
 いまや誰もが知る人気グループ「GReeeeN」が辿った軌跡を、彼らの楽曲と共に綴った、感動ストーリーです。歯科医を目指す彼らが“顔を出さない”アーティストになるまでの過程や、勉学との両立の苦悩、そして厳格な父との確執等、GReeeeNファンならずとも惹かれる等身大の若者達の姿が、そこにはあります。
 
 同時に描かれるのは、自分の夢を追いかけるも挫折し、その希望を才能ある弟に託す兄・ジンと、時に決断に迷いながらも、やがて自分が進みたい道を猛進していく弟・ヒデの兄弟の絆です。
 
 世代を越えて感動を与え続ける彼らの歩みを、是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※平祐奈さん・・・本作では、誠一の患者でGReeeeNの大ファンとなる少女・結衣役。平愛梨さんの妹さんで、「貞子3D」や「だいじょうぶ3組」、「紙の月」や「ソロモンの偽証 前篇・事件」、「青鬼ver.2.0」や「青空エール」、そして「きょうのキラ君」等、様々な作品に出演していらっしゃいます。今後も「サクラダリセット」「暗黒女子」「ReLIFE リライフ」、そして「忍びの国」と、話題作に多数出演されるそうなので、要注目です。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>