宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢篇」 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予備知識は必須。100%ファン向けのアニメ映画!!
 
2017年2月25日公開
監督:羽原信義
出演(声):小野大輔・桑島法子・鈴村健一 他
 
【賛否両論チェック】
賛:新たな脅威・ガトランティスとの死闘を通して、新たなる旅立ちを予感させるストーリーが印象的。ファンには必見の作品。
否:続き物なので、予備知識が絶対必要なほか、さらには次の作品の鑑賞も必須。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 2014年に公開された「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」の続編で、全7章のうちの第1章です。
 
 はるか宇宙の彼方、圧倒的な軍事力で平和な星を侵略する帝国・ガトランティスの姿がありました。やがてその星の人々は死に絶えてしまいますが、1人の女性・テレサ(声:神田沙也加)のSOSが、銀河を越えて発信されるのでした。
 
 一方、前作で宿敵・ガミラスとの関係を修復し、同盟を結んだ地球は、共通の敵・ガトランティスに対し、共同作戦を展開していました。目的は、ガトランティスに占領された浮遊大陸の奪還。地球防衛軍の古代進(声:小野大輔)も、駆逐艦「りゅうなぎ」に乗り果敢に戦いますが、ガトランティスは巨大空母の一斉掃射によって、最前線のガミラス艦隊を全滅させてしまいます。
 
 劣勢かと思われた形勢でしたが、次の瞬間、古代達の後方から突如波動砲が飛来し、ガトランティスの巨大空母が消滅します。撃ったのは地球とガミラスが共同で開発し、今回の事態を静観していたアンドロメダ艦でした・・・。
 
 基本的にはシリーズのファン向けの作品なので、予備知識は必須です。
 
 往年の宿敵・ガミラスと和解し、同盟国となった地球。新たな脅威・ガトランティスの圧倒的な火力の前に、主人公・古代進達がどう立ち向かっていくのか、注目です。
 
 続き物なので、次の“発進篇”への布石となる作品です。シリーズファンの方は必見です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※神田沙也加さん・・・本作では、古代達に助けを求める遠い星のテレサ役。最近の映画では、何といってもあの「アナと雪の女王」でのアナの吹き替え役でお馴染みですね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>