ワイルド・シティ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「金が悪人を生む。」ハードボイルドな香港映画!!
 
2017年1月24日公開
監督:リンゴ・ラム
出演:ルイス・クー
ショーン・ユー
トン・リーヤー 他
 
【賛否両論チェック】
賛:元刑事の主人公が、偶然出逢ったヒロインによって裏社会の騒動に巻き込まれていく姿が、ハードボイルドなアクション満載で描かれていく。金に溺れる人々の悲哀が印象深く描かれているのも特徴的。
否:シリアスなはずなのに急にコミカルになったりと、若干どっちつかずの印象。人間関係も分かりにくく、展開もややご都合主義か。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン・暴力シーン等あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 香港を舞台に、裏金に絡んだ陰謀に巻き込まれた元刑事の活躍を描きます。
 
 物語舞台は香港。ジョギング中の資産家夫婦が、突然車で乗りつけてきたチンピラ風の男達に刺殺されるという事件が発生します。事件を起こしたのは、台湾から大陸経由でやって来たヤクザ達でしたが、そんな彼らの下へ、弁護士のジョージが金を持ってやって来ます。するとそこへ、ヤクザ達の雇い主の資産家から電話がかかってくると、とある女を見つけ出して殺害するよう、指示を出されるのでした。
 
 ところ代わって、香港の一角でバーを営む元刑事のマン。その夜も閉店時間を迎えますが、窓際の席で1人酔いつぶれている女性を見かけ、声をかけます。すると女性は、支払いよりも多い金額を置くと、お釣りも受け取らずに去っていくのでした。その後女性はその足で車に乗り込み、発進させようとしますが、誤って急発進させてしまい、帰宅しようとしていたマンの車とぶつかりそうになってしまいます。周りにはチンピラもうろついており、このまま放っては置けないと感じたマンは、やむなく女性の車を残し、彼女を自分の車に乗せると、誤解を避けるために実家へと向かいます。母親に女性を預け、マンは帰っていきますが、その後実家暮らしでタクシー運転手をしている、マンの腹違いの弟・ジュンが帰宅。何も知らないジュンは、酔って吐きまくる女性に慌て、家の中は大騒動になってしまうのでした。
 
 女性の名前はユン。翌日、マンはユンとジュンを連れ、彼女の車を取りに戻りますが、あいにくカギが見つからず、ジュンが夜にレッカー車を借りてくることになります。ところがその夜、ジュンとユンが作業中、突然やって来たあのヤクザ達によって、ユンが連れ去られてしまいます。ジュンは慌ててレッカー車で後を追いかけ、連絡を受けたマンも駆けつけて、追跡劇を繰り広げます。ようやく追いついたものの、ヤクザ達は刃物を振り回し、マンは負傷。結局警察が駆けつけたため、ヤクザ達は逃走しますが、ユンも騒ぎに乗じて逃げ出してしまうのでした・・・。
 
 刑事を辞めた主人公・マンが、追われる身の女性・ユンと偶然出逢ったことから、弟代わりのジュンと共に裏社会のトラブルに巻き込まれていく様が、迫力のアクションと共に描かれていきます。
 
 拝金主義の社会にあって、大金を手にしたがために追われるユンや、そんな彼女を金のために執拗に追う台湾ヤクザ達、そしてジュンですらも
「母親に楽をさせられる!!」
と、汚れた金に手を出そうとする様子もまた、切なく描かれていくのが印象的です。
 
 シリアスなシーンで急にコミカルな演出が出てきたり、相関関係が分かりにくかったり、かなり強引な展開だったりと、難点は結構あることは否めませんが、刑事ドラマやサスペンスが好きな方には、向いている作品といえるかも知れません。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>