サバイバルファミリー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

笑えるけど明日は我が身か。サバイバルを通して描く、家族の成長物語。
 
2017年2月11日公開
監督:矢口史靖
出演:小日向文世・深津絵里・泉澤祐希・葵わかな 等
 
【賛否両論チェック】
賛:電気が消滅した世界で奮闘する一家族の成長する姿が、笑いの中にも感動を誘う。電気依存社会への警鐘も。
否:展開としては結構無理があり、ご都合主義的な印象も否めない。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・と殺シーンがあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・なし
 
 
 突如電気系統が使えなくなった世界で、生き延びようと奮闘する一家の姿を描きます。
 
 主人公・鈴木義之(小日向文世)は、うだつが上がらない普通のサラリーマン。仕事が1番の性格で、家ではダラダラしてばかりでした。妻の光恵(深津絵里)の実家は鹿児島で、義父の重臣(柄本明)からはよく野菜や魚が送られてきていましたが、肝心の光恵は魚がさばけず、有機野菜から出てくる虫に悲鳴を上げるばかり。大学生の息子・賢司(泉澤祐希)と高校生の娘・結衣(葵わかな)とはほとんど会話もない状態。光恵は子供達の携帯代が高いことを嘆きますが、義之は聞き流すばかりでした。
 
 そんなある日の朝、義之は窓から差し込む明かりで目を覚まします。目覚まし時計は止まっており、寝坊したらしいことは分かりましたが、どうやら停電しているらしく、今の時刻が全く分かりません。賢司や結衣と共に支度をし、とにかく家を出る義之でしたが、あいにく彼らの家はマンションの10階。当然エレベーターは動かず、他の部屋の住人達と一緒に、非常階段で降りるのを余儀なくされてしまうのでした。ところが停電は鈴木家のマンションだけではなく、かなり広範囲に渡っているようで、電車も全く動いておらず、駅では入場制限がかけられていました。仕方なく義之は、2駅間を歩いて会社へと向かいます。ようやく会社へ着いたものの、パソコンや電話は全く使えず、仕事になりません。一方の賢司や結衣も、なんとか学校へと辿り着きますが、教師や教授が来られず、軒並み自習や休講になってしまうのでした。
 
 電気はおろか、水道やガスも夜になっても復旧せず、一家は光恵が買っておいたロウソクの明かりで夜を過ごします。それでもまだ、
「明日になれば復旧しているだろう。」
くらいの軽い気持ちでいる義之達でしたが、その意に反し、1週間近く経ってもライフラインは全く復旧しません。職場や学校も自宅待機が続き、次第に都会を離れる者も出始めます。マンションの上の階で老人の孤独死も起き、義之達も光恵の実家がある鹿児島へ向かうことを決めるのでした。ところが、3台の自転車に分乗して羽田空港を目指すも、飛行機は全く飛んでいません。悩んだ末に義之は、自転車で鹿児島へと向かうことを決断。しかしその頃になると、口先だけで何も出来ない義之に対し、賢司と結衣のフラストレーションは限界になりつつあるのでした・・・。
 
 ある朝突如として電気が使えなくなり、徐々に必要に駆られて田舎への自転車移動を余儀なくされる家族の姿を、クスッと笑える描写たっぷりで描いていきます。同時に、 電気と電池がダメになってしまっただけで、時間も分からなくなってしまうほどの電気依存社会への警鐘的意味合いも、多分に含まれています。現実にも決して起こり得ない話ではない辺りが、身につまされるようです。
 
 また、事件が起こる前は皆頼りなく、会話もろくになかった一家が、一連の騒動を通してぶつかり合いながらも助け合い、次第にたくましく成長していく勇姿も、なんだか感動するものがありますね。
 
 是非とも家族で笑いながら、防災について考えたい作品です(笑)。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※葵わかなさん・・・本作では鈴木家の娘・結衣役。何といっても「陽だまりの彼女」での、上野樹里さんの幼少期を演じていらしたのが有名なところですが、他にも村上水軍の財宝を探す「瀬戸内海賊物語」や、新垣結衣さんが教師役を演じた「くちびるに歌を」、娘を亡くした行動心理学者の父と、娘の強かな同級生との心理戦を描いた「罪の余白」等にも出演されていらっしゃいます。
 
※志尊淳さん・・・本作では、主人公達が出逢う斎藤一家の次男・翔平役。「烈車戦隊トッキュウジャー」での1号役で有名になった方で、最近の映画では芳根京子さん演じるヒロインとの恋模様を描いた「先輩と彼女」や、東野圭吾さんの小説を阿部寛さん主演で映画化した「疾風ロンド」、そしてオムニバス映画「全員、片想い」内での、新川優愛さん演じる噓つきとの恋路を描いた「嘘つきの恋」にも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>