ファスト・コンボイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ラスト20分で一気に加速。運び屋達を待つ危険な運命とは。
 
2017年2月11日公開
監督:フレデリック・シェンデルフェール
出演:ブノワ・マジメル
リーム・ケリシ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:危険な仕事を押しつけられた運び屋達の運命を、アクションを交えつつも淡々と描くのが印象的。ラストのたたみかける展開も圧倒される。
否:登場人物や設定が分かりにくく、観ていて混乱しそう。本筋と関係ない雑談も多く、アクションモノなのに退屈してしまうかも。
 
ラブシーン・・・下ネタだけあり
グロシーン・・・殺害シーン等多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも
 
 
 大量の大麻の輸送を任された運び屋達の、危険な逃避行を描きます。
 
 主人公・アレックス率いる、6人の運び屋達。彼らはスペイン南部の町で4台の高級車に分乗し、その中の1台・エリスが運転する車に1300キロの大麻を積み、パリへと向かう仕事を開始します。途中、遅れていたマジッドもエリスの車に合流しますが、マジッドはトランクの大麻とは別に、後部座席にスポーツバッグが置かれていることに気がつきます。中身は、直前でイマドが無理やり渡された、7キロのコカイン。大麻とコカインでは捕まった時の量刑が全然違うため、マジッドは受け取ったイマドに憤慨するのでした。
 
 丁度彼らの車は、お互いに距離を取りながら、ハイウェイを走っているところでした。すると先頭を走っていたヤシーンとレミの車が、警察が検問を始めようとしているのを発見し、慌ててマジッドの携帯電話に連絡を入れます。しかし当のマジッドは、コカインの件でイマドと電話をしており、検問のことを伝えることが出来ません。ようやく通話が終わり、マジッドがレミの警告に気づいた時には、車は既に検問に差しかかっているところでした。迷った末に、マジッドとエリスは検問直前できびすを返して逃走を図りますが、警官隊はこれに発砲し、激しい銃撃戦となってしまいます。エリスの必死の運転で、なんとかその場は逃げられますが、エリスは右肩に被弾し、マジッドは命を落としてしまうのでした。
 
 その後エリスは、途中で衝突した車の女性・ナディアを人質にして、彼女に運転をさせます。人気(ひとけ)のない林道まで来ると、そこで最後尾についていたアレックスと落ち合いますが、コカインの事情を知らないアレックスは、大麻だけを自分の車へと乗せ換えると、早々に車に火を放ってしまいます。エリスが慌てる頃には、7キロのコカインはすっかり燃えてしまっていました。ナディアの一件もありましたが、やむなくアレックスは彼女も自分の車に乗せ、マジッドの遺体はその場に置き去りにして、そのまま運び屋としての仕事を続行するのでした・・・。
 
 4台の車に分乗し、スペインからフランスを目指す運び屋達が、予想外のトラブルに見舞われながらも、懸命に目的地を目指す中で、仲間との絆が試されていきます。
 
 ただ特に設定も何も説明されないままに、どんどん話が進むので、下手をすると主人公が誰かもよく分からないまま、気がつくと終盤まで行ってしまうかも知れません。車内での本筋と関係ない雑談も多く、観ていて退屈もしそうです。
 
 しかしその分、ラスト20分からの怒濤の追い込みは圧巻で、一気に引き込まれます。アクション好きには微妙な内容ですが、サスペンスとしてはアリな作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>