ザ・モンスター | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

パニックホラーだけど家族モノ。極限状態で修復される、母娘の絆。
 
2017年2月11日公開
監督:ブライアン・ベルチノ
出演:ゾーイ・カザン
エラ・バレンティン 他
 
【賛否両論チェック】
賛:険悪だった母と娘が、異形の“何か”の襲撃を通して、絆を取り戻していく姿が切ない。それぞれの決断も胸に迫るものがある。
否:前半はやや退屈か。急に驚かせる演出も多いので、苦手な人には向かない。
 
ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが多数あり
 
 
 1組の母娘が、森の中で得体の知れない〝何か”と遭遇する作品です。
 
 その日、まだ幼い娘のリジーは、朝早くに起きて、母親のキャシーとその恋人が散らかした酒とタバコを片づけていました。〝午前8時”と約束したキャシーの起床時間が1時間過ぎた頃、しびれを切らしたリジーはキャシーを起こしますが、キャシーは文句を言ってばかりで、雰囲気は険悪。リジーが既に2人分の荷造りを済ませていたため、2人はすぐに車に乗り、キャシーの父親の家へと向かいます。日々ケンカばかりで、まともにリジーを育てられていないと自覚しているキャシーは、恐らくリジーが父親の家へと預けられるのだろうと感づいており、途中の休憩時に、餞別代わりに自分の腕時計をリジーにあげるのでした。
 
 その後もキャシーは車で走り続け、時刻は夜になっていました。あいにくの大雨の中、森の中の林道を走っている途中、車は突然何かと衝突し、激しくクラッシュ。そのまま路上にいたオオカミを轢き殺してしまいます。幸いリジーにケガはなく、キャシーも軽傷だったため、キャシーはすぐに救急車とレッカー車を呼びます。雨が激しさを増す中、救急隊の到着を待ちながら、キャシーは自身のアルコール漬けだった毎日や、リジーに優しくしてやれなかったことを思い出しているのでした。
 
 一方のリジーは、路上に横たわったオオカミが気になる様子。仕方なく代わりにキャシーが様子を見に行くと、その体にはオオカミの物ではない牙が刺さっているのでした。その後無事にレッカー車が到着し、ドライバーの男・ジェシーがけん引の準備を始めますが、その時リジーは、何故かオオカミの死骸が忽然と姿を消していることに気がつきます。恐る恐る死骸があった辺りを見回したリジーは、近くの茂みでオオカミの死骸が喰い散らかされているのを発見。そしてその奥の森の中に、得体の知れない〝何か”の気配を感じ取るのでしたが・・・。
 
 お互いに素直になれず、険悪な雰囲気のまま別れるはずだった母娘が、森の中で遭遇した異形の“何か”から逃れようとするうちに、次第にお互いへの愛を取り戻していく姿が、恐怖の中にも切なさを感じさせます。
 
 しかしそんな母娘に、容赦なく襲いかかるその“何か”。ついにそれが正体を現した時、母娘がどんな決断を下し、立ち向かっていくのか、注目です。
 
 急に驚かせるシーンや、グロい演出も多いので、苦手な人は観られなさそうではありますが、極限状態での家族愛を描く作品ですので、是非ご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>